スーパーノヴァポンプ

旅のお供に、、として以前に携帯ポンプトピークのロードモーフGをご紹介
しました。これはその名の通り化け物のように空気をタイヤに叩き込みます。

今回はその対極にある携帯ポンプのご紹介。それがこれ、、

d0197762_992257.jpg


ロードモーフの右側にちょこんとたたずむコレです。その名も

スーパーノヴァポンプ

まるで冗談でしょ?というくらいの小ささですが、コレが中々やりまっせ!なんですね。
全長99mm重量59gというまさに超小型、抜群の携帯性を誇ります。問題は

入るのか?

ということなんですが、それが結構馬鹿に出来ないんですね。ここで言う馬鹿に出来ない
というのは、その小さな一押しを無駄にすることなくタイヤに入れます、ということです。
そのココロは、バルブがねじ込み式になっているので、携帯ポンプにありがちな
押し方によってはバルブが外れてしまう、、もしくは折角入れた空気が漏れてしまう、、
事がないのです。フレンチでもシュレッダでも両方ともねじ込み式で対応できるので
もれることがありません。
ただ、一押しで入れられる空気の量は少ないですからねぇ、、。

入れるの大変じゃないんですか?

とよくきかれますが、、

その通りです!

とお答えしております。ですが、大変なんだよな、、ということを予め理解しておけば
あわてずに入れることが出来るのです。確かに時間は掛かりますが、100PSIまで
しっかり入ります。

実はお客さんとお話しておりまして多いのが、この空気入れ入んないんだよね、、
という方は、ほとんどのケースでぶっつけ本番で入れようとなさっています。基本的に
フロアポンプでもそれなりに大変な行為をあんな簡単な道具でやるわけですから
多かれ少なかれ、携帯ポンプで入れるのは大変なのです。

それを予め理解しておけば、一押しの少ない空気を漏らすことなく着実に入れていく
コイツは結構いけるのでは?私も使っておりますが、時間が掛かることさえ覚悟しておけば
問題はありません。考え方ですが、回転型のペダリングのようにサクサクポンピングで
やれば腕の疲れも少なくてすみますよ(笑)。
そうなれば、小型のサドルバッグにも入るこいつは、まさに超新星なのです。

ご不明はお尋ね下さい。
by shugakuso3 | 2011-07-11 09:26 | おすすめパーツ