今日の一品!

オーバーホールメンテナンスの第2弾(つづき)です001.gif
今回はクランク、チェーン、リアディレイラー編になります。
まずはクランクを取り外し
d0197762_18242497.jpg

次はボトムブランケット
d0197762_18253612.jpg

リアディレイラーと一緒にチェーンを取り外します001.gif
d0197762_1828594.jpg

頑固そうな さび、汚れが・・・
d0197762_18293594.jpg

d0197762_18302048.jpg

d0197762_1830561.jpg

d0197762_18313438.jpg

ひとつひとつ丁寧に汚れを落とします003.gif
d0197762_18342036.jpg

d0197762_1835168.jpg

ねじなどの頑固なさびなどは、
d0197762_18362296.jpg

WAKOS メタルコンパウンドとスチールウールを使用
d0197762_18373946.jpg

ちぎったスチールウールにメタルコンパウンドを着け、
d0197762_18395497.jpg

d0197762_18402990.jpg

ネジ穴に押し込みグリグリトこすります017.gif
d0197762_1841101.jpg

さびがきれいに落ちました001.gif
d0197762_18444826.jpg

チェーンリングボルトもこのようにさびがおちました003.gif
d0197762_18481988.jpg

d0197762_18504949.jpg

メタルコンパウンドとスチールウールを使用するさいは注意が必要です008.gif 
ネジなどは特に問題はないのですが塗装、アルミ、プラスチックなどは傷になりますので気負付けましょう007.gif
ネジ類は特にさびやすいので防錆剤をコーティング006.gif
d0197762_1855616.jpg

d0197762_18552788.jpg

ボトムブランケットやペダルは分解できないので洗浄剤がベアリング内に入らないように注意022.gif
外側の汚れを落とすのみになります。がたつきなど不具合があるようでしたらパーツ交換になります。
d0197762_18574189.jpg

d0197762_18582845.jpg

プーリーなども洗浄剤で汚れや砂などをきれいに落とします001.gif
d0197762_1942466.jpg

d0197762_193839.jpg

洗浄剤でうるかしたあと指の届かないところはエアーで吹き飛ばします001.gif
d0197762_19171630.jpg

以上の工程で見違えるようにピカピカになりました003.gif
d0197762_19191040.jpg

次回の作業はフレーム、Vブレーキの洗浄とワックスなどのつや出しをおこないます003.gif

つづく
by shugakuso3 | 2016-12-26 19:25 | 売場情報 | Comments(0)