メーカーによれば、発売以来大好評のクロスチェック。当店にありましても老若男女を問わずいろんな方に愛されています。その理由のひとつが、’’なんでも出来る’’様々なバイクスタイルを選びうる’’ということ、とされています。このたび、売場担当者が私物としてクロスチェックに向き合うことになり、私なりのクロスチェックを作ってみました。そこで私は、次のことを重視しました。
1)雨の日のロード練習にも使えるよう、フルフェンダーが使え、700×23、もしくは25のタイヤが使えて、18段変速。
2)軽めのダート、オフロードなどにも入っていけること。
3)FIXの乗り味が気に入ってしまっているので、FIX自転車としても使え、通勤の脚にもなること
4)以上の要素を、なるだけ簡単な作業で両立できる車両であること
このような事柄を担当者なりに一台にこめました。あまり一般的になされることではないため、眉をひそめる方もいらっしゃるとは思いますが、クロスチェックはこんなことも出来る、まさに’’個々の自由を駆り立てる’’一台なのは確かだ、と思うのです。目指したところは、レッドショルダーターボカスタム(笑)!さてどうなりましたか、、、。


d0197762_17162067.jpg

愛車、クロスチェック52cm’バッドニュースアレン号’です。通勤などの日常的に使う際の基本仕様です。SKSのフルフェンダーは雨、霙交じりの雪の際に泥跳ねを押さえてくれ、シュワルベのマラソンXRは、貫通パンクを殆ど0に抑えます。サーリーのFIXハブとディングルコグを使って、46×17でFIX走行しています。通勤マシンですので、Rキャリアを付け、職場にはサイドバッグをつけて通ってます。雨の日でも基本は乗りますのでSEのプラスチックサドルです。
FIXに乗るようになってから2台目ですが、、、いやはや楽しい。目からうろこ、、の経験です。しかし、こうやってFIXに乗るようになるとディングルコグを考えた人は偉い!!と心から思うのです。FIXにも、外装変速にも、、というフレームは余りありませんので、そこはサーリーは偉い!と拍手したくなりますね。
d0197762_17175770.jpg
d0197762_1718464.jpg

札幌市近郊の某シングルトラックにやってきました。ここまで自宅から自走で30分くらいです。たいした上りはないので46×17で十分走って来れます。しかし問題なのが、オフロードに入る際は、ギア比が大きい。ディングルコグの歯数差が4しかないのでフロントを46と42にして42×21では、重すぎます。では、34と38では?そうすると今度はロードで走るときに軽すぎる、、ということになってしまいます。そこで考えたのが、チェーンをワンタッチで切る'ミッシングリンク’の活用でした。フロントのギア構成を46と34にし、リアは17,21です。オフロードに着いた時点で写真のように34と21にチェーンを架け替えます。その際チェーンが余ってしまうのですが、ミッシングリンクを2つ入れて余分な分を切り離し、34×21の組み合わせに出来るようにしました。こうすることで、ロードでの高速走行、オフロードでの上りに対応するギア比が確保できたのです。現場について、Rホイルを緩めてチェーンを切って、張りなおして締めなおす、、まで5-6分と言う所で、ひとつの儀式ですね(笑)此処は走ったことのある人ならわかりますが、かなり根っこではじかれます。そんななかFIXで700×38cというタイヤで走るのは正直大変、、しかし、だからこそ操る楽しさが味わえます。終わってみると1,5倍疲れる感じですが実に心地よい疲れです。スポーツ走行時はキャリアはいりませんので、シートピラーごとスポーツ仕様に変更します。この辺は流石に汎用企画で、恐らく皆さんも27,2πのピラーは一本くらいお持ちでは(笑)?
d0197762_17191677.jpg

また別の日の早朝、札幌市内の某シングルトラックで朝連(笑)です。雪が舞うくらいの冷え込みで、トレイル中落ち葉だらけです。そんな中FIXで走ると、とても楽しい発見が、、、。くだりに入ったときに脚を止めようとすると、すぐに後輪が滑り出します。そう実に簡単にスキッドしてしまうのです。いわゆる、ロングスキッドを決めながら下れたときはいやはや気持ちがいいものです(トレイルの路面を傷めないよう路面状況に気をつけましょう)。此処は最新のフルサスMTBで来れば大して楽しくも無い位な所なのですが、こういった車両で来るとちょうどいい感じで楽しさ満点。あえて革靴細板でテレマークスキーをするような感じでしょうか?快適、速い、などの道具の決め台詞は必ずしも’’楽しさ’’には直結しないよなぁ、、などと偉そうなことを考えてしまいます。
そしてこの車両の本領は、この後に発揮されるのです。
d0197762_17201885.jpg

朝連で気持ちのいい汗をかいた後、その日は展示会に15k程はなれたところまで行かねばなりませんでした。おまけに湿った雪が降り、路面状況はべチャべチャ。そんなときに備えこいつにはロード仕様が存在するのです。シートピラーを入れ替え、ホイルも純ロード仕様(アルテグラ、マビックリム)に入れ替えます。勿論チェーンは短いので、長めの物をもうひとつ用意しておき、さくさく入れ替えます。ギア比は、46,34はそのまま、リアの方は12-25ありまして、低めのコンパクトクランクくらいではないかと思います。フルフェンダーのお陰で思い切って飛ばすことが出来ます。キャリアのお陰で仕事道具もラクラク運べます。路面が濡れている時はロードレーサーにはなるだけ乗りたくないものです。そんなときにロード並みに走れるフルフェンダー付
の車両があれば、、私の長年の課題が解決できました。
d0197762_17212074.jpg

変速機は、なつかしのサンツアーサイクロンMk2です。この車両を作るに当たって、新規に手配した部品はサーリーの135mmFIXハブ位で、後は自分のガラクタBOXに入っているものを極力使用しました。インデックスさえ諦めればサンツアーだって立派に使えます。Rメカがチェーンを通し易く、この車両のコンセプトには合ってますね。このフレームのお陰で眠っていたパーツに再度活躍の場が出来、、そういった意味でもクロスチェックは素晴しい自転車だなぁ、、と思います。
d0197762_1722963.jpg

このビームラックは、サイドバッグ対応型ですので、重量は限界があるものの、ちょっとした旅仕様をバッグで運ぶ事ができます。写真では25cのタイヤがついていますが、それこそ32cくらいのタイヤにすればギア比の低さもあり、立派なツーリング自転車に早替りです。クロモリフレームと、いい塩梅のフォークのお陰で、クルージングがとても気持ち良いんです!!この辺はカタログに歌っていることが本当なんだ、、と妙に感心するところですね。キャリアは勿論フレームにも付きますので、日本一周もOKでしょう。
d0197762_1723750.jpg

一仕事終え、豊平CRを快走!気分のいいところで一枚撮りました。しかし、、この自転車は本当に楽しい、そして実に使える一台です。スポーツサイクルがブーム、といわれて久しいですが、それが単なるブームで終わるか文化として定着するのか、、は実はクロスチェックの様な日常的にガンガン使い込めるタフさと、スポーツ心を刺激する走りの確かさ、そして生活自転車としても使える、、という懐の広い自転車がどれくらい日本の道路事情に受け入れられるか、、にかかっているなぁ、、などとまた偉そうなことを考えてしまいます。しかし、こいつは楽しい!これに乗っていると次に何をしてやろうか、、など私の心が少なからず駆り立てられるような気分になります。

総括

'クロスチェックは、個々の自由を駆り立てるマシーンなのです。私たちはそれが美しいことだと思っています''(メーカーHPより)というのが本当だ、ということを実感させられました。の割にはあまり美しい車両ではありませんが、担当者なりに自由な発想で担当者なりに使える一台を目指してみました。サーリーの偉いところはそれを決して否定することなく、それもいいっすねぇとでもいうように車両の方が受け入れてしまい、そうすることでユーザーがそこはかとない幸福感に酔いしれることが出来る、、ことにあるんだろう、、と感じました。
こうやってクロスチェックの魅力をお伝えするべく、色々と写真、文章を並べてきましたが、ひとつ大事なことに気がつきました。クロスチェック(のみならずサーリーの車両全て)を素晴しいと感じるためには、とにかく自転車に乗りまくる、事が必要では?乗れば乗るほど、サーリーは自転車に乗りまくる人が乗りまくる人に向けて作った自転車だよなぁ、、と感じてしまうのでした。
御不明の点などございましたら売場までお尋ねください。
by shugakuso3 | 2009-11-22 17:13 | SURLY

秀岳荘白石店自転車売場には珍しく(笑)正統派の自転車イベントに出て見る事になりました。舞台は、DORIDEさんが主催なさるMTBの耐久レースシリーズの第6戦、”札幌じてんしゃ本舗プレゼンツ、本舗の耐久4時間”MTBレースです。毎年たくさんの方がご参加ということでしたが、実際出てみますとその理由がよく分かる、とにかく楽しくいい汗かきましょうという主催者、参加者の思いが炸裂する大会でした。高低差も少なく、初心者の方にも優しいコースです、、ということでしたので、私でもでれましたよ。正統派の大会ですが、でるのはへんてこな人なので、折角ですから思い切ってヘンテコな取り組みをしてみました。しかし、、それだから見えてくることも多く、担当者的にも収穫の多い大会でした。なんにせよ、あれだけの参加者、あれだけの規模の大会を毎年なさっている主催者、じてんしゃ本舗の方々に心より御礼申し上げたい大会でした。私的には今年一番の熱い戦いを振り返ります。

d0197762_16591139.jpg

愛車”麗しの白虎"号です。この自転車が如何にヘンテコなのかパッと分かる人はあまりいないと思います。DAHONのカデンザソロ(という事は折り畳み自転車です)を、フロント29インチ化、フロント29、リア26の2,35FATタイヤをつけました。写真では分かりにくいですが、こいつは固定ギアになっています。折角の固定ギアですから、サーリーのディングルコグをつかい、フロント38,34の2枚リアは17,21の2枚で変速機なしのWスピード自転車になりました。会場までは38×17で走ってきて、会場についてから、34×21にチェーンを架け替えてレースに臨みます。以前に変速機のトラブルでリタイアしたことがあったのですが、主催者のお一人が覚えていらっしゃって、メカトラ嫌ってシングルで来たのかい?とお声を掛けていただきました。まさにその通りで高低差がない、、というコースであればこれでいけるのでは、、、というチャレンジもありました。もうひとつ、、サドルはBMXなどに使うプラサドルです。頑丈ではあるものの、座ることを前提としないサドルで、オフロードを4時間というのは、アホの極みでした。
d0197762_1703494.jpg

当初は、レース会場(石狩川河川敷)まで、家族と一緒に車で移動、、レースを家族にも見せて、、などと考えていたのですが、当日の予報は雨。であればこの時期雨の中4時間も子供をうろつかせるわけには行かない、、。ということで一人で行くことにしました。そうなると、人間一人運ぶのに車を出す、、というのは折り畳み車フリークとしては悔しい(笑)というわけで、折角のフルサイズ折り畳み自転車ですから、札幌駅からあいの里公園駅まで電車で移動しました。流石にDAHONで畳むのも速いし、キャスター移動で、持ち上げることもなく楽チンでした。こんな酔狂なことをしている人は私だけだろうなぁ、、と思いながら、あいの里公園で降りましたが、KHSのMTBに乗った方は正統派輪行で、レースにご参加のようでした。流石ですね。しかし、組み立ては当たり前ですが私の方が早かったです。これで、レースの方でも速ければ、、、(笑)。行ってみれば、会場には当たり前ながら本格的なMTBがウヨウヨ、ギンギンに走りまっせ、という人もたくさん、、。レース会場独特の雰囲気が漂ってました。フルリジッドで走っている人も3名ほど見かけました。つわものです。私と違うのは、本当のつわものたち、、ということでしょうか、、。
d0197762_171552.jpg

緊張のスタート2分前です。コースのほうは走ってみますといやはや大変でした。確かに高低差は無いにせよ、結構な凸凹はいたるところにありフラットダート的な砂利道を想定していた私にとっては”これは不味い”という感じです。フラットな砂利道であれば、大口径のタイヤで巡航性能を追求すれば良いのだ!と思っていましたが、凸凹はいたるところにありヘアピン状に曲がるシングルトラックは何箇所もあり、29インチは失敗?ギア比はあっているようにも思えましたが、FIXにしたのはやっぱり無謀?という感じです。凸凹の上を通るときにペダルの上に立ってひざを使って衝撃をいなしたいところですが、なんせ脚を止められないので、膝のばねを使うなんて、、到底私には無理!さらに、男前を追求したプラサドルが思いっきり裏目に出て尻が痛いのなんのって、、。しかし、、来てしまった以上はやるしかありません。私が採り得る選択といえば、とにかくタイヤを低圧にしてタイヤで衝撃をいなすしかないのです。自分でも大丈夫か?と思うくらい圧を下げました。タイトターンではタイヤが変形してズリズリするくらい下げて何とか走れるくらいです。幸いだったのはいわゆるガレ場、が無かったことで、あそこまで下げてもパンクしなかったのは天佑といえました。試走は一周にとどめました。そうしないと恐らく4時間は体が持ちません。よく考えれば、オフロードをひたすら4時間走るという事は我が人生でも初めてなのです。いやはや、、どうなることやら、、。いよいよスタートです。
d0197762_1732968.jpg

スタートして恐らく2時間くらい、あまりの腰の痛さに自転車から降りて撮影しました。数少ないダブルトラックです。何とか4時間ノンストップで走りきりたい、、と思いましたが、残念ながら2時間で断念、10分ほど休憩(補給)、以後3時間に1回、3時間半に1回と合計3回休憩をし正味3時間半ほど走りました。しかし、、腰が痛い。前述のように脚を止められないのでペダルの上に立って腰を伸ばす、、という当たり前のことが出来ない、、のは実に辛い事でしたが、良い勉強でした。ボヨボヨタイヤでしたが思いのほかパンクもせず、タイヤの設置面積が増えますので、タイトターンで妙にグリップが上がる感じで実は走りやすかったです。ギア比とあわせていい感じじゃないか、、と思ってましたがそれも1時間位までで、体力がなくなってくるとそれ所ではないんですね。十分ギア比は低いつもりでしたが、もっと低くても良いと思いました。しかし、他の人たちもまめに変速しているようには見えませんでしたので、意外にシングル、という選択肢そのものは間違ってはいないかも、、、なんて。特別ゲストでスバルゲーリーフィッシャーチームの小野寺選手がきてましたが、速い!トルクの発生能力が明らかに違う感じでまさに風の如く何度も追い抜かれました。
d0197762_1745177.jpg

大会も終盤、皆さん本部前を激走しています。私はヘロヘロでしたが、ひとつ新鮮だったのが、脚が疲れていなかったという事でしょうか。高低差が少ないコースなので当たり前のことなのかもしれませんが、FIXで走っていた、というのも何かしら関連しているのでは?と思った次第です。脚が止められませんので、とにかく回しっぱなし。結果、ポンプ効果で脚に老廃物が溜まりにくかったのでは、、?他の人たちはどうなんでしょう?脚を止めなかった人はいても、止められなかったのは恐らく私だけ(笑)ですから、同じ分析は無理か、、。しかし、このレース、スタート直後にDJがかけてくれたのがSHOGUNの名曲”男たちのメロディー”いやはやDJのセンスの素晴しさに拍手したいと思います。
d0197762_1755714.jpg

何とか4時間(休憩も多く4時間とはいえませんが)走り切り感動のゴール。結局雨は降らず、途中から妻が子供と応援にきてくれて、撮ってくれました。チャレンジングな要素の多いレースになりましたが、何とか無事に走り切りよかったよかった。以前メカトラでリタイアした事もあるわけですが、そういう意味では、シングルギアの自転車というのは、素晴しい!!ですね(笑)。しかし、自転車がシンプルになればなるほど剥き身のライダーが問われてくるもんなんだ、、とよくわかりました。海外の持久系のMTBレースにシングルギアで挑む人が結構居るというのもなんだか分かる気がしました(私は無理!)。
d0197762_1764830.jpg

本来であれば、帰りも電車で、、となるところでしたが、家族が車できましたので私の運転で帰ります。こんな感じで畳めますので、車に載せるのも簡単。普通のMTBなら、クイックでホイル外せば簡単、、なんですがFIXのこいつはいちいちスパナで外さないといけないので、折り畳める、というのは実はありがたい機能なんですね。結構なギャップを超えたつもりでしたが、フレームには何の問題も無く流石にDAHONの自転車だと思いました(しかし、今回のコースはまだまだ穏やかな方だと思います。折り畳み車でギンギンのオフロードは極力避けましょう)。

総括

今回のレースには結構実験的な要素が多くありました。1)折り畳み車2)69erリジッド車3)シングルスピード4)FIXギア、、です。2,4、の要素に関して言えば、私のリサーチ不足で大変な苦行になってしまいました。最新モデルに搭載されているサスペンション、フレームの素晴しさが走りながらでもよく分かり、馬鹿だなぁ、、です。しかし、3)の要素に関して言えば、これだけ高低差の無いルートであれば、トラブルも少なく、勝ちに行く、わけじゃない人にとっては結構楽しいかも、、。しかし、やってみて初めて分かることって色々あるんですね。ますます自転車という乗り物が面白くなってきました。個人的には、外遊びをする際には人間のせねばならないことが多いほど面白い、と思っておりますが。その意味では面白すぎるくらい面白かったです。レースという場にあってそれが許されるのか、、ということになりますが、笑って許してくれた、主催者に心から感謝しつつこの稿を終わりたいと思います。
by shugakuso3 | 2009-11-22 16:55