2010春に私物のDAHONを長尺化しましてからというもの、これまでの自転車経験ではありえなかった様な幅の広さで自転車と言う乗り物に取り組んでます。この夏、以前にエクストラサイクルの動画サイトで見てしまい、いつか自分もと思っておりました”幼児を載せてキャンプ道具を積み、家族で自転車キャンプ旅行”に取り組んでみました。恐らく国内でもあまり例がないであろう、全ての野営道具と幼児を積んでのキャンプツアー。”キャンプ”と言えば自転車との組み合わせが最も多い人生を送ってきた私にとって、実に貴重な経験でした。子供が小さいときにこの自転車に出会えたことに感謝すらした位です。お父さんとしても思い出深いツアーをレポートいたします。
d0197762_13293255.jpg

愛車、”麗しの白虎号、キャンプSPL”です。これに、家族分の野営道具一式を積んでます。往復50k(オフロード含む)積載約40kに見事に耐えてくれました。まず自宅より白石CRへ、大谷地から南郷通を直進し野幌森林公園を横断して、道道46号で左折、野幌総合運動公園より森林公園キャンプ場で一泊。翌日はキャンプ場から、大沢口、トド山口と野幌森林公園を縦断し、白石CRで自宅まで帰る、、というルートです。私も妻も、この積載量でこの距離を走るのは初めて、、大丈夫かなぁ、、。
d0197762_13313268.jpg

順調に白石CRから、南郷通にでて、野幌森林公園内に入ってきました。通常私の脚で、レーサーに乗れば1時間ほどで着くところ約4時間かけましたので、のんびり自転車旅行を楽しめました。此処は瑞穂池横の
広場で、昼食を摂りました。此処から中央線、と言う道に戻るわけですがものすごい勾配で、自転車を押して上がるのが大変!イヤハヤ子供に押させました(笑)。
d0197762_13324964.jpg
d0197762_13325690.jpg

左の写真は、中央線沿いにある森林の家、と言う施設です。此処で休憩がてら人形展を拝見。ナンセ堪え性のない幼児を乗せてのツアーですので、こまめに止って子供を走らせないと飽きてしまいます。親としては頑張り甲斐があるわけですが、子供にしてみりゃ座っているだけですからね。休憩のたびに林の中に入ったりするわけですが、子供なりに発見が多かったようで、親は休憩できて一石二鳥でした。ここまでで本日の行程の3分の2は消化できました。あとは、アスファルトロードにでて、気持ちの良いヒローイ道を走ってキャンプ場まで、、あとひと頑張りです。右の写真は同行しましたライトウェイのパスチャーです。一見マ○チャリのようですが、飽くまでこいつはスポーツサイクル。フロントパニアバッグにも対応し、7段変速で、峠越えは無理にせよ平地メインの今回のルートを、しっかりと走りきってくれました。
d0197762_13352529.jpg

d0197762_13345567.jpg

やってきました江別森林公園キャンプ場です。意外に知られていない穴場と言えるでしょう。車で行くには近すぎるのですが、重装備の自転車で行くにはピッタリでした(笑)。此処の存在がなければ、今回のツアーはあり得ませんでしたね。色々制約もあるキャンプ場ですが、久しぶりに”夜の静寂”を味わうことが出来、また来たい所です。車での運搬を前提にしたテントなんかは勿論運べず、個人装備を如何に家族向けに使用するか、で道具を選び、何とかサイトができました。天気も良かったので、丁度良かったです。軽量化からは趣旨に反しますが、炭火焼をしたい!と言う子供のリクエストで、折り畳みコンロを持っていきました。気持ちよく夕食を頂き、気持ちよく酔っ払いました(笑)。
d0197762_133655100.jpg

d0197762_1338380.jpg

林の中を走りますので、蚊取り線香をハンドルの部分にぶら下げます。結構効果的だった、、といってました。
d0197762_13441085.jpg

2日目は、森林公園内のトレイルを通って公園を縦断します。右の写真を見て、これが公園内、、とわかる人が何人居るでしょう?それほどの原始林の中を重装備の自転車が走っていきます。チョット心配でしたが流石にダホン。以前動画サイトで、パタゴニアの森の中を長尺自転車で走る、、と言うのを見たことがありまして、気分的にはそれでした。石が浮いたり、トラクションがかけ難い様な道でも、ものすごい重量でタイヤが押し付けられますので、全く滑る、はじかれることがなく、グイグイ回せる力があるうちは、逆に快適に上って行ったのが不思議でしたね。後ろの子供から頑張れ!!と声援を受け、、気合が入りましたよ(笑)。ハイカーの皆さんに配慮しながら、ゆっくりゆっくり進みます。まさに森林浴が出来、気持ちよかったなぁ。
d0197762_13411698.jpg

大沢口にたどり着き、すぐ近くの自然ふれあい交流館で、一服します。野幌森林公園内のトレイル、と言えば、一般的にはショップさんのMTBツアーに使われたりするくらいの所で、これだけの重装備で走れるかチョット心配でしたが、何とか半分は来れましたので一安心、、。ダホンの長尺化は、恐らくメーカーは推奨いたしません。御興味おアリの方は個人の責任の範囲でなさってください。現状では私はOKですが、これから先どんな問題がおきるかわかりません。詳しくはお尋ねください。此処で各装備を点検し、一服して残り半分、トド山口を目指します。アスファルトを走るよりもやはり脚に負担は大きかったようで、帰宅後、、どかっと疲れが出ました。
d0197762_1338464.jpg

残り半分を走りまして、トド山口から、野幌森林公園をあとにして、立命館高校の横を走り、白石CRに侵入、自宅を目指します。此処までが結構きつい印象で、白石CRに出たら、アスファルトの上を走る、と言うのが如何に快適なものかよく判ります(笑)。トド山口で、いったん休憩。通りがかりの車から熱い視線を浴びましたね。こういったことが酔狂といわれない世の中が早く来てもらいたいもんだなぁ、、と痛感しました。一緒に走った妻も、私の知る範囲で最も重装備で、よく頑張ってくれました。21世紀基準の快適キャンプ道具などは全く持って行けなかった訳ですが、虫に刺されつつも頑張ってくれました。その頑張りが子供に、いい方向に映ってくれるといいのですが、、。


総括
今回家族分のキャンプ道具と子供を積んで走ったわけですが、改めて長尺自転車の積載能力、走行性能、を痛感することになりました。あれだけ積んでも巡航状態になれば実に安定し、気持ちよく走れたのが不思議なくらいです。また、荷物も、左右のガバリと口が開くバッグのお陰で、まさに荷物を放り込むようにパッキングが出来、良くありがちな入れ忘れもポン、と放り込む感じで従来の自転車キャンプツアー(ソロですよ)に比べても、パッキングはものすごく楽でした。終盤では、パッキング、、というより色んなものをぶら下げて走る感じで逆に気持ちが良かったですね。ビッグダミーやラッディッシュはもっと積んだり走ったりが最適化されているでしょうから、どんなもんやら興味が湧いてきました。また、嬉しかったのが自転車旅行の楽しさ再発、と言う所でしょうか。家族を連れてキャンプ、、となれば殆どの方は自家用車の使用を前提とするでしょう。商品もそれを前提としたものばかりです。そこに敢えて自転車を持ってくる事で、用具の選定からルートの選定、休憩地点の想定など、様々な状況をシュミレートし今回のツアーに挑んだわけです。結果無事にスケジュールを消化でき、心地よい疲労感に似た充実感を得ることが出来ました。ロードで行けば1時間ほどの距離に4倍の時間をかけ、、かけた分だけ発見も多く、ゆったりとした時間の流れを感じることが出来、外遊びの贅沢とでも言うものをシミジミと感じました。虫に追われたり、坂道でヒーコラ言ったり様々な事がありましたが、悪戦苦闘する父の背中から幼児が何かを感じてくれれば、、などと思いました。あと数年で、彼も自力で此処まで来るでしょう。そういった意味でも、今年こういった取り組みが出来たことを神に感謝したいくらいです。このような取り組みが出来たのは、私達が札幌に住んでいる、こんな近くに豊かな自然がある、静かな野営場がキチンと運営されている、、故の事ですので、それに関しても大いに感謝。きつくて痒くて大変なツアーに付き合ってくれた妻にも心から感謝しつつ、、、また行きたいものですね。
by shugakuso3 | 2010-08-13 13:27

近年、スポーツサイクルに出来ることを追求したい、、熱いフリークをして更に熱くさせているのが、”ロングテールバイク”(本稿では敢えて漢字を使い長尺自転車と表記します)。当売場でもジワジワと認識が上がってきたこの自転車、当店は、折り畳み車の運用を考えると言うのを一つの目標としておりますので、私物のDAHONに、フリーラディカルキットを取り付け、恐らく”本邦初の長尺自転車輪行ツアー”をやってみました。お陰さまで、2010夏のジメジメ蒸し蒸しを吹き飛ばす熱い経験が出来ました。その模様をレポートいたします。
注意)DAHONの長尺化は恐らくメーカーは推奨しません。やってみたい、方は自己責任の範囲でお願いします。ちなみに担当者は、体重90k近く、装備重量120k(ライダー含む)で走ることもあります。1000k近く走っていますが、現時点では問題ありません。詳しくはお尋ねください。

1)小樽実験編
まず最初のツアーは、札幌小樽間を電車で移動し、小樽は祝津の海で海水浴をしようではないか、と言う実験編です。私が、妻の分の折り畳み車を長尺で運び、先行して地下鉄で来ていた妻子と札幌駅で合流、自転車2台で輪行します。小樽で自転車を開き、私が子供を乗せて、2台で小樽を自転車散歩しよう、、という内容です。
d0197762_1415355.jpg

お馴染み札幌駅前広場。此処で自転車を下ろし、DAHONを畳み、輪行します。こんなでかい自転車重いだろう、、というのをお感じになる方もいらっしゃると思いますが、上手に運べば、26インチのタイヤを使って持ち上げることなく運ぶことが出来るのです。詳しくは売場にてお尋ねください。海水浴グッズも多少積んでましたがそのまま畳みます。
d0197762_143693.jpg

畳むとこんな感じです。面白いのが、荷物を天板に載せてしまうとそのまま運べますので、余計なものを持つ必要がなく結構楽チンでしたよ。小樽も札幌もエスカレーターが完備されているので、安心でした。
d0197762_144756.jpg

やってきました小樽駅。DAHONにつけているカバーは、秀岳荘縫製工場で特別に作ってもらい、、しっかり機能してくれました。実際は、MTBの前輪だけ外した形の輪行パッキングとほぼ同じ大きさなのであまり気に止める人もいない感じでしたね。
d0197762_145842.jpg

小樽駅を出て、祝津方面に向けて走ります。途中のひなびた海岸で海水浴、、としゃれ込む予定だったのですが、折からの曇天、小雨、でとてもそんな余裕はなく、軽く子供を水遊びさせるくらいになりました。しかし、、こんな小さな浜辺は車では見落としてしまうんじゃないかなぁ、、と思います。自転車ならではの発見ですね。
d0197762_146162.jpg

海水浴計画が短縮されましたので、第2案、小樽博物館巡りに切り替えました。此処は小樽観光の穴場、手宮洞窟保存館です。車で走っていると通り過ぎてしまうかも、、というくらいひっそりと営業してました。日本ではかなり珍しい”壁画”が保存されています。その後、交通博物館に移動、北海道開拓と鉄道の栄枯盛衰がとても深くかかわっている、、ということがシミジミ理解できました。鉄道ファンならずとも足を運ぶ価値はあるなぁ、、と思います。
この後、運河方面の観光地に向け移動し、適当なところで食事を頂き、再び小樽駅から帰投します。これだけ大きな自転車を電車に載せるとなりますと、始発駅から乗る、もしくは混雑する時間を外す、と言うことが重要であることがわかりました。不慣れな妻は自転車を転がしたり、、大変だったと思いますが、私の助けもなく全行程を完遂し、実験的な要素が強かった小樽編は無事に終了しました。そして、いよいよ本番ともいえるニセコ編へと突入するのです。


2)ニセコ激闘編

d0197762_1483034.jpg

日を改めまして、今度はJR北海道が世界に誇る”一日散歩切符”を使いニセコ地区まで足を伸ばしてみようと言う計画です。ニセコ駅で降りて、比羅夫スキー場に向け上り、スキー場近辺で一服、倶知安の方に下り、昼食を頂き、倶知安から電車で帰る、と言うルートです。
d0197762_149982.jpg

札幌駅にて自転車を輪行準備。すっかり慣れましたね。混み始める前、6時台の電車で小樽へ向け出発です。右側の写真は、車両最後尾の車掌室の扉です。車掌さんのお話では、このドアを開けて、車掌が客室の方に入ることは殆どないとの事で、どうせ置くならこちらの方がいいんだ、、ということでした。急停車でも倒れないように、紐で手すりに結び付けます。小樽から先は、ワンマンカーになりますので、降り口付近に自転車を置いたほうがいいようですね。
d0197762_14115836.jpg

同行しましたワンタッチピクニカです。こういったスティックフォルダーは写真のように置けることもあります。
d0197762_14123693.jpg

ニセコ駅で下りて、いよいよ出発ですが、、イヤハヤ坂が凄くて大変です。激闘編と銘打ちたくなる位です(笑)。ロードレーサーで来れば気持ちのいいアップダウンですが、、長尺に子供を乗せて、、妻は14インチのシングルギアでは、”なめとんのか!”とニセコに怒られてしまった、、という感じです。あまりの大変さに、写真が全くありません(大笑)、、馬鹿ですねぇ、、。ピクニカの方は、折り畳みペダルが破損寸前で、結構な踏力で乗って居たんだなぁ、、と感心しました。倶知安に入ってからやっと写真を撮る余裕が出ました。途中、田園地帯で道に迷っているところ、親切に教えていただきました。これも自転車旅の醍醐味ですねぇ。
d0197762_1414093.jpg

倶知安町に入りレルヒ公園で一服、、というより大休止です。この公園で、子供を放し飼いにしました。親にとっては、ヒーヒー言って充実したサイクリングになりましたが、子供にしてみりゃただ座っているだけなので、結構詰まらなかった様です。他に色々見に行くか、、と思っていましたが、残りの時間は此処で子供を遊ばせることに致しました。此処が一番面白かった、、といってたなぁ(笑)、、。現在も、ニセコは北海道では一大スキーリゾートですが、その昔はもっとニセコの持つ迫力と言うか意味が大きかったんだろうなぁ、、と思いました。ニセコ駅は写真は撮り損ねましたが、明らかにヨーロッパアルプスをイメージした造りでそれほど、スキー文化がこの地に影響しているんだなぁ、、と思いました。レルヒ中佐はどう感じていたんでしょうねぇ。
d0197762_14145551.jpg

昼食後、倶知安駅から電車に乗って帰ります。ニセコから出て倶知安から帰る、これが輪行の醍醐味ですね。此処は階段しかなく、持ち運びが大変でしたが、、、。電車に乗りましたら、すっかりデロデロです。これも輪行の醍醐味ですねぇ(笑)。ニセコまで車で来ていたら3時間ほど運転せねばならないので、私はもう電車の方がいい、、と思ってしまいます。

総括

ロングテール自転車の導入には、正直逡巡しました。私の中で、活用に関してのイメージが湧かなかったのです。しかし、DAHONと組み合わせたら、、というのを思いついてからは、こんなことが出来る、あんなことが出来るのでは、、とグングンイメージが湧いてきました。実際組み合わせてみると、長尺化以前よりもよっぽど輪行しやすく、色んな物が運べるという点では、私の予想を遥かに超える使い勝手の良さで、すっかり自家用車の出番も減りました。また、想定外に嬉しかったことが、子供を載せて自転車で色んなことができると言うのがわかったことでしょうか、、。幼児を載せて旅先でサイクリングしてみたいと考えるお父さんは多いでしょう。でも、車で自転車を運ぶと家族分の車両が積めない、、走っていても車まで戻らねばならない、、。出先のレンタルでは、子供が乗せられなかったり、サイクリストが満足するような車両が少ない、、。そんな状況を、完全にブレークスルーしてくれました。子供を乗せ、家族分の荷物を載せてもまだまだ積載能力に余裕があり頼もしい限りです。近所の買い物なんかに子供を乗せて、荷物を載せてという方は多いと思いますが、それに輪行を混ぜることで、旅先で活用できるのです。今回のニセコ編では、様々な坂に挑んだわけですが、子供の声援を背中に受けながら、グイグイと坂を上る、、というお父さんサイクリストとしてはある意味至福の時間を味わえました。これは、やってみるまで気がつきませんでしたが嬉しかったなぁ。何せ本邦初(恐らく)の取り組みですから、この計画を実行に移すまでには色んな事を調べたり、色んな状況を想定して対策を練ってみたり、、私だけならまだしも不慣れな妻、言う事を聞かない幼児を連れてですので、やってみるまでが大変で、よっぽど車で行こうか、、と考えたくらいです。しかし、だからこそのヨロコビを今シミジミと味わっています。この長尺自転車の可能性は、まだまだこんなものではないと思っています。売場としても何が出来るか楽しみす!
by shugakuso3 | 2010-08-07 13:57