秀岳荘白石店自転車売り場や自転車ツアー自転車遊びのご報告
by shugakuso3
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
BROMPTON
小径折りたたみ車
SURLY
Alex Moulton
ウェアなど
おすすめパーツ
スポーツサイクル全般
秀岳荘オリジナル品
乗ってきました
この一台!
売場情報
展示会情報!!
自転車旅
自転車ツアー
行ってきました
ファットバイク
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2005年 10月
2004年 12月
2004年 10月
メモ帳
ブログパーツ
最新の記事
サイクルロゲイニングSAPP..
at 2017-03-24 21:56
BROMPTON2017年モ..
at 2017-03-18 12:01
真駒内セキスイハイム2時間耐..
at 2017-03-05 19:36
鍵 ぞくぞく。。。Knog ..
at 2017-03-03 16:48
スペシャルツーリングパックモデル
at 2017-02-26 11:14
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
自転車・バイク
アウトドア
画像一覧

<   2011年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2010BD特価です

気が付けば2011年もあと11ヶ月しかありません。あと一月半もすれば
アスファルトが顔を出し、自転車に乗ったろか、、という気候になるでしょう。
そうなったときにすばやく対応できるように、今のうちからご用意になってみては?
というわけでご紹介です。

BD-1 2010モデル 8spd 9spdモデルのご案内です。

d0197762_9392772.jpg


8spdモデルです。実を言いますと2011年型と2010年型ではほとんど変わらず、
クイックリリースレバーなどにセフティが付くか否か、、の違いくらいです。色のお好み
などがあえばお買い得!ですよぉ。

d0197762_9413017.jpg


9spdモデルです。2011年型では従来の9spdモデルは、より戦闘的な
パーツ構成になります。タイヤが細くなり、フロントのチェンリングが54tに
なりまして、より高速よりのセッティングになりました。しかし、それも痛し痒し
で、フロントが大きくなったということは、最も軽いギア、、もそれに併せて
重くなった、ということになります。より幅広い適応性を求める、という場合は
こちらのほうがいいのかも、、、。
とお考えになれる方にとってはいい相棒になってくれますよ。

自転車そのものの信頼性は、言わずもがな。拡張性の高さで、様々な使い方
が可能です。キングオブフォールディング、、という人もいるこの車両の魅力は
是非売り場にてお尋ねください。

在庫限りになりますので、あらかじめご了承くださいませ。
by shugakuso3 | 2011-01-31 09:47 | 小径折りたたみ車

第16回全日本シクロクロス選手権大会


以前にこんな投稿をさせていただきました。

私の経験ではそうなんだけどなぁ、、と思っておりましたところ、興味深い記事を
発見いたしました。それがタイトルの全日本シクロの記事です。本大会は、
マイアミビーチといわれる砂地を如何に克服するのか、、がひとつの見所と
なっているそうですが、、大体シクロクロスで砂地を走れるのか、、普通は
そう思いますよね。

d0197762_17143548.jpg


現在発売中のバイシクルクラブの記事です。写真をよくごらんいただけますか、、、

空気圧を限界まで下げた、、、

という文字が読み取れると思います。記事を詳しく呼んでいくと、
最初空気圧を下げきれ無かった辻浦選手はいまひとつ後続の
丸山選手を振り切れなかったそうです。そこで自転車の交換の際に、

1,4気圧

まで下げることでコースを攻められるようになった、ということでした。
辻浦選手によればもっと下げられた、、ということでした(驚)。別の
雑誌によれば、マスタークラスで優勝した三船選手も砂場用として
1,4気圧まで下げた、、ということでした。


新雪、、溶け始めのグズグズ雪などは砂場を走るのと大差ない状況
なのではないかと思います。確かにシクロの足回りで、1,4まで下げ
て走れるなんて、トップレーサーの体力と卓越したテクニックあって
こそ、ということなんだろうと思いますが、トップレーサーでも不安定な
路面では空気圧を限界まで下げるのだ、、という事実は、わきまえて
おいて損は無い、、と思います。皆さん如何お感じになりましたでしょうか?

というようなことを考えておりましたら、昨日ですが、「半信半疑だった
けど、やってみたら急に自転車が落ち着いて走るようになったよ、、」
とうれしいご報告を頂きました。S田さん、有難うございました!
私もとてもうれしいひと時でした。パンクに気をつけてこの調子で
がんばってくださいね。

しかし、、、700×33c以下のタイヤで1,4気圧。それで砂場を
ぐいぐい走るんですからトップ選手はすごいですねぇ。
by shugakuso3 | 2011-01-29 17:29

DAHON ESPRESSO

出来るうちに、投稿をもうひとつ。先ほど投稿しました
JACKの兄弟モデル、エスプレッソも同じくサンプル車として
入荷してきました。

d0197762_1124421.jpg


d0197762_112563.jpg


こちらのほうは判りやすく、27段変速の26インチ折り畳み車になります。
エスプレッソブランドは私が売場を見るようになって以来、ズーッとカタログ
モデルとしてラインナップされているもので、飛ぶ様に売れるわけではない
がなくてはならないモデル、と認識されているようです。

実際こいつの使い方といえば、とにかく日常的な移動を自転車で、、
その上で、ここは、というところで折りたためることが大事、という
使い方に向くでしょうね。実際、私もROCKJAWモデルに乗りましたが、
いざ、というときに畳めるというのは有難い物です。せっかく折りたためる
自転車であれば小さくなる小径車のほうがいいなぁ、、などと思って
居りましたが、26にはそれなりのよさ、があるのもまた事実でした。
それが、フェンダーとか、Rキャリア、とかMTB用に作られたパーツがほとんど使えるというところでしょうか。

ヨーロッパなどでは一般化している、フェンダー、キャリアつきのスポーツ
サイクルで通勤などの日常の用を足し、その上で、いざというとき
さくさく畳んで、、、というのがこいつの生きる道、、のような気がします。

これもJACKとならんで、

ムフフ価格

(サンプル車につきペダル無し、保証書なし現状渡。畳んだときの固定用
磁石付いておりません)です。

ご興味おありの方お尋ね下さい。
by shugakuso3 | 2011-01-28 11:23 | 小径折りたたみ車

DAHON JACK D7

久しぶりにまともな自転車関連の投稿です。小径折り畳み、、
という書庫ですが、今回はフルサイズ折り畳み車両(書庫が
ないのでこれでご勘弁を)です。

d0197762_1046853.jpg


展開すると

d0197762_10464464.jpg


タイトルのDAHONジャックD7、、昨日入荷してまいりました。
え?DAHONにジャックなんてあったっけ、、と思われたあなたは
かなりの折り畳み自転車通です。そうこのジャックは、日本未入荷
というか、日本ではラインナップされなかった車種なのです。おそらく
日本で展開するかを検討するために一台のみ入国し、、、健闘むなしく
ラインナップされなかった、、かわりといっては何ですが、エスプレッソ
が日本では展開された、、ということになるでしょう。

自転車そのものをよくよく見ていくと、矢張り自転車文化自体が日本より
先に行っているなぁ、、という感じがします。そのココロは、ストレート
リジッドフォークにビッグアップルバルーンタイヤフロントシングルの
駆動系、
ということになるでしょうか。
折り畳み、、の機能を外して考えた場合、サスペンションのないいわゆる
オールドスクールなMTBに太い、走行感の軽いスリックタイヤを入れて
街乗りだからフロントギアもシンプルに一枚でいいや、、という自転車が
この頃注目を集めています。それを折りたたみでやってしまおうというのが
DAHONの狙いで、それを受け入れる市場が本国のほうにはすでに確立
されている、、ということなんでしょうね。ハンドルバーも31,8の
太いのが付いていて、この辺も単なる折り畳みではない何か、を求めた
結果なんだろうなぁ、、と思います。

26インチの折りたたみというと、どうせ車輪外してしまえば大して
大きさ変わんないんだし、、いらないんじゃない?というご意見も
あるでしょう。しかしかたや慣れにもよりますが2,3分はかかる作業が
(パッキングも入れれば、10分ではすまないかもしれません)これなら
30秒で出来るのです。たとえば、通勤などに使っていて、ふとタクシーに
乗りたくなった、、などというときにはとても重宝するでしょう。その上で
走行性能は、まさに街乗りMTBのものでその気になれば、、、という
潜在能力があるのです。

かのツーキニスト疋田さんは、「折り畳み機能というのは、私の場合、
正直年に一回程度しか使わないものです。しかし、その一回がどれだけ
私にとって便利なのか、、は計り知れません。」
とのたまいました。

そんな使い方にはまさにストライク。サンプル品ですので参考定価ですが
¥63000ほどのものが、サンプル品でしたので

ムフフ価格

にて限定1台在庫中です(現状渡、保証書等付きません)。ご興味
お持ちのかた、、お早めにお問い合わせくださいね。
by shugakuso3 | 2011-01-28 09:47 | 小径折りたたみ車

午前十時の映画祭

昨日、倅をつれて札幌シネマフロンティアに行ってきました。
いやぁ、、ゴセイレッドと外道シンケンレッドのタイマン勝負
の殺陣には痺れましたねぇ、、、という話ではなく、今回も
立派に自転車関連のお話です。

予告編の中に、タイトルの午前十時の映画祭
というのが出てきました。この企画、映像ソフトが氾濫している21世紀にあの名作
をもう一度銀幕で見ましょう!という映画ファンにはたまらない企画なのです。
それに紹介される名作「風とともに去りぬ、サウンドオブミュージック、シャレード
タクシードライバー(おぉ)ダーティハリー(おぉ)フレンチコネクション(おぉ)
荒野の用心棒(おぉ)シザーハンズ(おおぉ)などなど」に混じって

ヤングゼネレーション(BREAKING AWAY)

がピックアップされていました。ご存知の方も多いのでは?自転車が出てくる
青春映画の傑作、として高い評価を得ている割には、なぜかビデオ屋などで見る機会
が少なく、私の中では気になる作品なのでした。それを銀幕で見れるなんて!!

お話は、イタリア狂いの自転車少年の挫折と成長を描く、というもので、アカデミー
脚本賞を取っているそうです。さすがにイタリア狂いの少年のお話というだけあって

MASIのグランクリテリウム

が疾走するそうですよ。製作された年代から、黄金時代のイタリアンスチールレーサー
を堪能できる(どうやら、イタリアンというより、暖簾分けしたアメリカンMASIでは
ないかという指摘もありますが、、)作品のようです。うーむ、カンパの縦型変速機
が付いているのかしら、、などと考えるだけでも楽しくなってきますね。

さて、このMASI、今シーズンより売場での展開も考えております。もちろんスチール
のモデルを中心に、沢山、、というわけには行かないと思いますが、、、ご興味
お持ちの方、売場のほうまでお尋ねくださいませ。

と、売場のほうにきれいにリンクしましたところで、ほっと胸を撫で下ろしつつ
今回は終了です。

追伸 BLACK SUNDAYを初の全国ロードショウ、、するんだったら
   AMERICAN FLYERSもやってもらいたいなぁ!
by shugakuso3 | 2011-01-27 11:15 | スポーツサイクル全般

スキー運搬型長尺自転車 2

以前にも投稿しました、スキー運搬型長尺自転車ですが、
どう贔屓目に見てもあれは長いだろう、というご意見を
多数頂きました。そりゃそうでしょうねぇ、、といろいろ
考え直し、改めてやってみました。

d0197762_1037379.jpg


どーうですか(福沢朗調)?スキーが前に来る分、かかとに当たって
しまいますので踵の軌道の外にスキーが来るようにもってきました。
その上で、ハンドルの幅以内に収まっていますので、実際の運行にも
たいした不都合はないはずです。
(XC,BC,ノルディックノーマルテレマークのビンディングの付いた
スキーは運べますが、アルペン系のビンディングの付いたスキーは
難しいと思います。詳しくはお尋ね下さい)


そこで問題なのが、、、

スキーも出来なきゃ自転車にも乗れない!

この私の体たらく、、。うぉぉぉー歯痒い!しかし、この飢餓感が
新たなものを生み出すのだ、、と信じることにします。

というわけで、体が万全になったら、こいつにBCスキーを積んで
札幌市内の知られざるBCスキースポットを探しに出かけるのです。

ちなみに、アヘッドステム(1インチコラムでなるだけ120mm以上の長さ)
ドロップハンドル、不要なチューブがあれば出来てしまいますので、ご不明の
ある方お尋ね下さい。運用したことがありませんのでどういった問題があるか
は不明ですが、何をどうしたらこうなったのか、、はお話いたします。

しかし、雪道自転車にとっては旬の季節ですね。スパイクMTBのかたがた
しっかりとお楽しみ下さい。お話伺えるのを楽しみにしております。
by shugakuso3 | 2011-01-25 10:47

wストック歩き

このブログも、、つひにネタが尽き、、尾羽打ち枯らして、自転車以外の
お話です。そうなった原因が、膝の故障であることは賢明な読者の皆さん
はご存知でしょう。

自転車に乗れない現在、不本意ながらリハビリもかねて歩いて通勤して
おります。しかし膝に故障を抱えて雪道を歩くのも問題です。そこで
試していい塩梅なのが、Wストック歩きです。

登山にあってもフリーハンドで上るよりも、杖を、出来ればWストックで
歩いたほうが膝にかかる負担も少ない(特に下山中)のは良く知られています。
それを、札幌市内でやっている感じです。特に今年は明けてからの雪がかなり
すごいことになっておりますので、とても助かっている印象です。滑りやすい
路面での支え、ズルッとなってしまったとき、何度こいつに助けられたか、、。

このまま膝がカンチしてしまえば、しばらくやることはないと思いますが、
自分も老いて、、いよいよ足腰に不安が出てきて、、、というときは
迷わずやるでしょう。靴底に滑り止めのスパイクを、、という方もいらっしゃる
と思いますが、あれは雪がないところでは、逆にわずらわしかったりします。
そういう意味ではWストックで歩いたほうが、上腕の運動にもなりいいんだろうなぁ
としみじみしたところです。

そういうことを考えながら歩いておりましたら、とあるご老体が、私と
同じくWストックで歩いてらっしゃいました。運動というよりは日常生活
にてしっかり利用している、、様に見受けられました。嬉しかったのが、
ストックまで私と同じ

ブラックダイヤモンド エクスペディションポール

使わないときは短く出来ますので、山ではもちろん冬の札幌でも
オススメです!

たまに、自転車以外のネタも出てきます。
by shugakuso3 | 2011-01-23 09:39

とあるサイクリストのお話

本日は、とあるベテランサイクリストのお話です。

先日ご来店いただきまして、色々お話を伺えました。
O社のフルカーボンフレームに、シマノDi2フルスペック
ホイルはキシリウムだったけど、チューブラーに戻そうか、、
というようなお話をなさったあと、この間出たフライトデッキ
つけてみたけど素晴らしいねぇ、、ということをお話に
なってました。それだけでも十分すごいのですが、もっとすごいのは
その方の御年。

四捨五入したら80になっちゃうなぁ

と笑ってらっしゃいました。ウーム、、どんな人生を送れば
そんなすごいことが出来るのでしょうか?どんな練習をなさって
らっしゃるか聞いてみますと、

「さすがに冬は自転車には乗れないけど、ローラーは1時間半
が限界かなぁ、、」とこれまた笑ってらっしゃいました。冬に
ローラー台に乗る、、経験をお持ちの方ならそれが如何にすごいことか
ご理解いただけると思います。

実際、当店の羊蹄山ツアーでご一緒したこともあるのですが、
愛機ブロンプトンP6Rを颯爽と駆り、倶知安から花園方面への
あの登りをすいすい走ってらっしゃいました。

日ごろの鍛錬と節制で、、、というのは簡単ですが、果たして
自分に出来るか、、。少なくとも自転車に乗り続ければ、足腰
に負担の少ない運動ですから、少しでも近づけるのかも、、。

がんばらねば、、。
by shugakuso3 | 2011-01-22 09:40 | スポーツサイクル全般

自転車人 入荷しました

独自の視点で、自転車文化を見つめる雑誌「自転車人」
最新号が入荷してまいりました。現在ほかの雑誌で連載している

日本の名匠探訪

所謂フレームビルダーをたずねる企画を最初に打ち出したところで
その硬派な紙面づくりは、好感が持てるものでした。最近は、
シュミの雑誌の例に漏れず、バイヤーズガイドのような感じになって
おりますが、、、。結構気になる特集がありました。それが、

ロンドンが自転車都市に大変身

という特集でした。自動車乗り入れ課税地域を設けたり、ここ最近の
ロンドンは自転車を優遇するような政策を打ち出していることは知って
いましたが、具体的に写真つきで見てみると素晴らしいなぁ、、と思い
ましたねぇ。
交差点で、信号を待つ自動車の前に10台ほどの自転車が同じく待って
いる、という絵はただただ拍手です。もちろんロンドンだってちょっと前は
今の日本と大差なかった、、との事で、官民一体となった改革が今日の
ロンドンをもたらしているのだ、、と結んでありました。

わが札幌市もそうなる日が一日も早く来るように自転車に取り組みたい
物だ、、と感じました。

それと、ちょっと面白かったのが、

リコーGXR
を使った撮影ポタリング、という記事ですね。私も同型機を持って
いますので、今度なんかやってみよーっと。
by shugakuso3 | 2011-01-21 09:40 | スポーツサイクル全般

セラアナトミカ

これは知られざる逸品というよりは、こんなすごいのが秀岳荘にあったのか?
というレベルの商品になるでしょうねぇ。

d0197762_1785210.jpg


皮サドルはなじむまで大変

という常識を覆した逸品として人気のあったセラアナトミカのレザーサドル
です。触れば判ることですが、本当にハンモックのように体重を受け止め
柔軟に動く皮が御尻の痛みを亡き者にしてくれるでしょう。
真ん中に大胆に穴が開いており、所謂アナトミックサドルとしても意欲的な
取り組みがなされているのです。

ブルベとか、大陸横断などの超長距離系のイベントにおいて使用率が高い
ということですが、なるほどと納得できますね。

如何にお尻に優しいか、、は売場の南部君が昨年、旭川までの130kに
挑んだときに立証されました。自転車乗り、としての経験、修練がまだまだ
不足している彼をして、尻の痛みはまったくなかった、、という事実が
このサドルの優秀性を証明してくれるといえますね。

¥14700に¥18900と決して安くはないですが、それに見合う
内容であるのは間違いありません。それと、輸入元によれば、

職人さんの都合で、生産が休止中

ということです。売場にもあるだけですので欲しい人はお早めに。
by shugakuso3 | 2011-01-20 17:08 | おすすめパーツ