秀岳荘白石店自転車売り場や自転車ツアー自転車遊びのご報告
by shugakuso3
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
BROMPTON
小径折りたたみ車
SURLY
Alex Moulton
ウェアなど
おすすめパーツ
スポーツサイクル全般
秀岳荘オリジナル品
乗ってきました
この一台!
売場情報
展示会情報!!
自転車旅
自転車ツアー
行ってきました
ファットバイク
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2005年 10月
2004年 12月
2004年 10月
メモ帳
ブログパーツ
最新の記事
洞爺湖一周ライド☆
at 2017-06-20 20:55
大人の遠足 折り畳み自転車 ..
at 2017-06-12 17:49
BROMPTON便利アイテム..
at 2017-06-08 18:24
旅がしたくなる自転車
at 2017-06-05 18:39
今日の一品!
at 2017-05-30 11:55
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
自転車・バイク
アウトドア
画像一覧

<   2011年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

セラアナトミカ

今シーズン使ってみましたシリーズ第2弾。今回は、セラアナトミカのチタニコです。

d0197762_14291011.jpg


あろう事か、キャリーミーに付けてみました。ロードなどの場合はそれなりに上半身を
前に投げ出せますが、CMの場合はそれにも限界がありどうしても尻に負担が掛かり
易くなってしまう、、と言う思いがありCMに導入してみた次第です。

使ってみるまで心配だったのは、確かに指で触っても柔らかさが伝わるくらいの
サドルですから、、私の体重を支えきれるのか?すぐに伸びきってしまって、結局
ダメだった、、となりゃせんかいな?と言うことでした。

それが、、杞憂だったことがわかったのが以前に投稿しました旭川8インチチャレンジ
のときでしたね。どちらかと言うと後ろ乗りが好きな私は、なるだけ尻を下げ目にして、
レールと皮を打つ鋲の部分に骨盤を載せる感じでポジションを出しました所、これが
びったり、、と言うかびったりになるようにサドルが変形してくれた、、感じです。

それ以来、なんだかサドル全体が尻を包むようにフィットしてくれる感じで、
素直に良いなぁ、、と思ってしまうようになりました。CMでそれなりの距離に
挑んだりしているのも、このサドルがあったればこそ、、なのかも知れませんね。

まだ在庫ありますので気になる方はお早めに。
by shugakuso3 | 2011-10-31 07:27 | おすすめパーツ

ジャイアントタロン29

巷で話題の29インチMTB。思えばゲーリーフィッシャーブランドで
量産モデルが出たのが2002年と記憶しておりますので、苦節10年
の努力の甲斐あった、、と言う所かもしれませんね。
私も2006年の冬から29インチモデルに乗っており、こうやって29
が評価を受けるのは嬉しい物です。

そんな29インチ。もはやスタンダードになったと言う観のあるモデルが入荷してきました。

d0197762_17352415.jpg


ジャイアントの29インチのエントリーモデル「タロン」です。私見ですが、
ジャイアントはラインナップは物凄く多いのですが、明らかにマニアック、、という
ような車両はあまり作らないようで、ジャイアントが作ってくる、という自転車は
ジャンル的には確立された物なのだ、、と考えるようにしております。まさに
巨人の行いですが、ジャイアントが作ってきた、と言うことはこれがスタンダード
になっていくのでは、、と考えますね。

最新ロジック満載の、、しかしコストパフォーマンスはこれで十分、という
ジャイアントらしいつくりがなされていますねぇ。440mmサイズが一台だけ
入ってきました。気になる、と言う人はお早目の方がいいでしょう。キャリア用の
ネジ穴があったりと、汎用性の高さもいい仕事してますね。最近では29インチ
MTB用のキャリアなども出てきましたから、ツアラーにするのもいいかもしれませんね。
by shugakuso3 | 2011-10-30 07:30 | スポーツサイクル全般

オウルアイ ライト

本ブログが始まりました1年ほど前にもご紹介したこのライト、、1年使ってみて
その結果、感想などをお伝えしましょう。

d0197762_1323261.jpg


オウルアイのUSB、と太陽光発電の複合機です。傍目から見ても
明らかに明るい、、と言う印象があり運用段階に入っていつの間にか
1年になりました。

ほぼ毎日使っておりますが、特段のトラブルもなく、いつの間にか私の自転車
生活にはなくてはならない物になってきております。最近は、朝連の際にも使います。
夜明けが遅くなってきましたので、コイツの出番が増えました。使ってみて便利
だなぁ、、と思ったのがUSB充電です。使う前はPCを起動しないと充電できない、、
などと考えておりましたが、冬の間に導入しました地上デジタルテレビにはUSB
ポートが標準装備で、テレビをつけていなくてもそこは活きてますので、寝ている
間に充電完了で、充電損ね、、は皆無です。また、バッテリーが弱くなってくると
危険信号を付けてくれるので、非常に判りやすくて助かってます。

現状では、一日一時間ほどこれを点滅モードで使いますが、充電は1週間
に一度よりも明らかにスパンが長く、経済的に見ても優秀ですねぇ。

雪のシーズンを向かえますますこれの出番が多くなるでしょう。真冬の寒さの
中では試したことがなかったので、バッテリーがどの程度寒さの中で影響を
受けるのかしっかり見たい所ですね。

長く付き合える一本じゃないかしら、、、と思いますよぉ。
by shugakuso3 | 2011-10-29 07:21 | おすすめパーツ

グランプリ

当ブログには何度も登場している、自転車文化人の高千穂遙。
最新の小説、「グランプリ」を読了。前回[ヒルクライマー]をご紹介
致しました所、奇特なお客さんから、これも読んでみな、、と貸して
頂きました。

年末に行われるKEIRINグランプリの出場者9名と、各レースを上手に
リンクさせながら、競輪に人生をかける漢達の生き様とそれを取り巻く
人たちを描く、筆者入魂の一冊と言う感じです。こういうのを読んでしまうと
競輪場のない札幌市に住んでいるのが残念です、、、ねぇ。動画サイト
とか、ケーブルテレビなんかでレースの模様などは見れるのですが、どうしても
全体を追う必要があり、バンクの半分が入るほどの引きの映像でしか
見ることが出来ず、競輪の大事な部分が伝わってこないんだろうなぁ、、
と思ってしまいます。そう、、私はライブで見たことがないのです。
48×16の固定ギアで10%の坂を上る練習をするとか、4倍のギア比で
バンクをかけるとか、どうも私たち如きでは考えも付かない世界ですから
一度ライブで見てみたい物ですね。太もも60cmになろうと言う人が全力
で4倍ギアを回す、、どんな迫力なんでしょうね。

ヒルクライマーに比べると、自転車に乗る際の描写は少なく、これはやはり
筆者がヒルクライマーではあるもののトラックレース(競輪)には精通していない
ということ(それを謙虚に自覚している)なんでしょうね。しかし、
それだけに個人競技であるはずの競輪には実に沢山の人間ドラマが付随
しているのがよくわかりました。

こういう本を読んでしまうと、、またNJSのフレームにまたがってみたいなぁ、、
病が出てしまいますね(笑)。
by shugakuso3 | 2011-10-28 07:23 | スポーツサイクル全般

大丈夫か?

まずは皆様に御礼を、、。当ブログもいつの間にか足を運んでいただきました方が
5万人を超えました。心より御礼申し上げます。これからも、日々のよしなしごとを
つづってまいります。たまにあほかこいつは、ということもあると思いますが、お心やすく
お付き合いいただけますと幸いです。

今朝もそんな話題でしょうか、、。自転車の車道走行の徹底に向け警察が
本腰を入れる、、様なニュースがいろんなメディアで語られてました。そういった
お話を聞きますと、、じゃぁ、今まで放置していた警察の責任はどうなるのだ?
と言いたくもなります。またそういった論調になるメディアは皆無で、日本のマスコミ
とは何なんだ?と言いたくもなりましたね。

そして、自転車を歩道から車道に下ろす、という方針の転換に関して、、。個人的には
歩道を走ることは皆無ですのでもちろん賛成なのですが、ママチャリの人たちはどう
なんでしょうね。大体、ママチャリという乗り物自体が

歩道を走る

事に特化した設計になっているんですよねぇ。荷物を入れやすい大きな前かごは
低速走行はいいでしょうが、30k近くにもなる高速走行ではハンドリングに安定感を
欠き、下からの突き上げで荷物が飛び出しやすいなど明らかに危険でしょう。また
脚つきを最優先したサドルポジションは歩道などの超低速で、歩行者が急に動いたり
した際には、急停車しやすいわけですが、高速までは速度が上がらず、車道で
車の流れを大いに阻害してしまいかねません。

自転車を歩道に上げて歩行者と共存させる、、、という世界的にも例のない愚行を
しておいて、、しかも歩道走行に特化した独自の自転車まで作り上げておきながら
今度は、それを車道に下ろすとは、、、どう考えても自転車という乗り物に精通した
人間が行政を担当しているとは思えません。

と、こう考えてくると、最終的には、、

自分の身は自分で守るしかない

ということになるんでしょうね。今からしばらくは自転車行政に関しては、
まさに混沌の時代が来ると思います。その混沌の中を上手い具合に走り
切りたいものです。相変わらず偏見に満ちた私見でしたが、ご意見違えます
という方御心やすく読み流してくださいね。
by shugakuso3 | 2011-10-27 08:02 | スポーツサイクル全般

1年ぶり

約一年ぶりに、愛車PUGSLEY「鋼の猛牛号」を引っ張り出しました。
思えば昨年の今頃に膝が思わぬ重症であったことが発覚し、そのまま
12月に手術し、、PUGの思いっきり活きるであろうシーズンを棒に振りました。

d0197762_94240.jpg


そして一年ぶりに引っ張り出し、売場にて軽く調整をしたしだい。サドルが
いけてるのが付いていますが、これは一時的なもので、恐らくこんな軽量サドル
では私を乗せての雪道走行による微振動の連続には耐え切れません。もっと
安くて重くて耐久力のありそうなやつに変える予定です。

何故売場に持ってきたか、、実は、PUGに限らずFATBIKEと呼ばれる幅3,7以上の
タイヤを付けた車両の問い合わせが多くなっているのですね。現在、そういった
車両が在庫御座いませんので、私物にて確認していただくべくこれで出勤した
わけです。ひょっとしてMoonLanderが欲しい、、となるかもしれません。

そんな今日この頃ですが、売場担当者としてはMoonLanderも気になりは
するものの、、私のFATBIKEへの目覚めを促してくれたこいつには妙な思い入れ
があるんですねぇ。個人的にはズバットスーツを愛し、最後までズバットスーツで
戦い抜いた早川健のように、これで行ける所まで行きたいと思っているのです!

今シーズンは、昨シーズン出来なかった、「あれ」に挑んでみますぜ!
by shugakuso3 | 2011-10-26 07:01

ヤビツ峠

たびたびお伝えしております、雑誌のコラム。高千穂遙氏の読み物に
この峠に関しての物がありました。

ここ数年のロードブームにより爆発的に数が増えたロード車が、首都圏の
有名なヒルクライムコースだったヤビツ峠をロード銀座に変え、ロードレーサー
の数の増加に伴う乗り手の質の低下によりイヤハヤ大変なことになっている、、という
内容でした。同様のことは、鶴見シンゴ氏の連載にも書いてあったように
記憶しております。

この目で見たわけではありませんので、なんともいえませんが、所謂自転車
著名人が折に触れ喧伝してきた挙句の果てがこういう状況か、、、と思うと
自転車文化、と言う観点からはまだまだ日本は足りない所が沢山あるんだなぁ、、
と思います。また先日芸人が検挙されて問題になりましたピスト自転車問題と
結局根は同じことなんではないかいな、、、と思ってしまいますね。

初めてカリフォルニアロードにまたがってこの方、趣味として、、やがて30年、
仕事としても10年にわたって自転車を見てきましたが、社会的に影響力
の大きい著名人やマスコミに頼って安易に自転車を売らんとして来た業界にも
それなりに責任があったりするんだろうなぁ、、と思ったりします。
だから私は、、と言うような力も御座いませんので残念ながら何が出来る、、
わけではありません。

「文化」、、と言う物は醸成するのにやはり時間が掛かるもので、現在のこういった
混沌の中からより良いものが生き残っていき初めて「文化」、、となっていくのだろうと
思います。せめてその過程の中で何かしら自分に出来ることはないのか、、
と考えながら自転車に乗り、人とかかわっていきたいものです。

結局何の結論も出ませんが、自分に出来ることは兎に角乗り続ける
ことなんだ、と再確認です。ご意見違えますという方、お心安く読み流して
下さいね。
by shugakuso3 | 2011-10-25 07:12 | スポーツサイクル全般

モンスタークロス

以前にこういった投稿をしました。



その実車が入荷してきましたので早速作りました。イヤハヤこれは面白いですねぇ。
MASIは、イタリアンメーカーのはずなんですが、これはのれんわけしたアメリカンMASI
らしく、既成概念にとらわれない面白い自転車作りをしていますねぇ。クロモリフレームに
カーボンフォーク、細めの29インチタイヤともいえる700×45cブロックタイヤを付けた
シングルスピードシクロクロス(しかもFIXギアつきです)ですね。

d0197762_12131524.jpg


太いタイヤが付くシクロクロス、と言うと私物でサーリーのクロスチェックに乗っておりますので
如何に面白いかは良くわかるつもりです。ですが、コイツはもっと競技志向が強いようで
タイヤのクリアランスは思ったほど大きくはなく、このマンマレースに出てください!という
感じですね。KOREのカンチブレーキが結構凝ったつくりになっており、泥詰まりの酷いで
あろうシクロクロスはこうやらなきゃいけないのか、、、と勉強になりました。恐らくVブレーキ
対応型のブレーキレバーで、ブレーキの稼動範囲も広く取ることで泥に対処したい、、、
と考えたのでしょうね。これはパウダーの中走っても雪が詰まりにくいだろうなぁ。

クロスチェックと並べてみてみると、フレームパイプが全体的に太く、ガッシリした
感じです。シートステーなんかは、しなって振動を逃がして云々と言うよりも、どっしり
踏ん張るかのように伸びています。また、シングルのチェーンリングも、ただアルミの板
ではなく、所謂リブが入っており、ねじれ剛性が高そうです。チェーンも、厚歯用が
付いており相当のトルクで踏み込むことを想定しているようですね。シクロクロスは
レースそのものも見たことはありませんが、動画サイトなどを見る分には、シケイン
(本来おりて担ぐべき所)などをバニーホップで飛び上がって超えたり、シングルですから
バリバリの立ち漕ぎで行ってしまう様な坂も多いんでしょうね。
後は乗ってみないとなんともいえない部分なんでしょうけども、シクロクロスは、
山で使う以外にあっては最も汎用性が高い(通勤とか、ツーリングにも使えそう、、)
などと言う論法はこれには合わない様な気がしました。ユーザーさんがどのような
印象をお受けになるのか販売側としても楽しみです。

愉しいのがFIXギアが標準装備、と言う所で、最初からFIXにして納車した方が
いいのか知らん、、と思ってしまいますね。

イヤハヤ面白いことを考えるもんです。でも、29インチMTBとは全く違う乗り物を
目指している、、のは一寸意外だったような、、。そう考えるとサルサのFARGOも
見てみたくなりましたね。
by shugakuso3 | 2011-10-24 07:07 | スポーツサイクル全般

ロングバーエンド

久々のマニアックパーツシリーズ。まずはこれをご覧あれ、、

d0197762_1314538.jpg


おおぉ、、懐かしいなぁ、、と言ってしまったアナタはナイスミドルのはずです。
フラットバーハンドルは一箇所しかもてない、と言う常識を打ち破ったそれこそ
発明品のバーエンドグリップです。発明された頃はそれこそ様々な形、長さ
がありました。これはそのロングバージョンになりますね。

それ以降、MTBの商品開発がレースを中心にした物になるに及んで、
バーエンドグリップもどんどん短くなっていき、現在ここまで長い物は
ほとんどありません。

長い方がいいのか短い方が良いのかは乗る人が判断することに
なりますが、長いといろんな所をもてる可能性が広がり、うまい具合に
使えば、バッグを引っ掛けたり、、などの活用方法も(昔はそんな人が
沢山いたなぁ)ありえます。

これじゃなきゃ、、と言う人もいないでしょうが、特価品で入ってきておりますので
自転車遊びの幅を広げる、、と言う意味では良いかもしれませんよ?

ご不明はお尋ね下さい。
by shugakuso3 | 2011-10-23 07:13 | おすすめパーツ

スパイクありますよ

日々の最低気温も一桁、、と言うのが定着して公園の木々も赤く染まり始めた
昨今、、問い合わせがじわじわ増えてきておりますのがスパイクタイヤです。

当店では、シュワルベの物を中心に、300ピン240ピン、700×40cなども
在庫しておりますぞ。このタイヤの恐ろしい所は、日本で需要があるであろう
街など、わが北海道か、信州、北陸から越後、東北のごくごく限られたところ
ということです。

そう、一回入ってきたら売り切って終わり

と言うパターンが思いっきり成立してしまいます。気になる人はお早目の方が
良いと思います。11月から12月に再び入荷の予定はありますが、、何時まで
あるやら、、ですので、ご不明はお尋ねくださいませ。

当店は、PUGに代表されるような極太タイヤを低圧で乗る、と言うのを推奨して
居るわけなんですが、完全に凍結してしまいおまけに自動車のタイヤで磨かれて
しまったような路面状況にはやはりスパイクタイヤでないと対応できません。
FATタイヤは、スパイクでは埋まってしまうような状況は素晴らしいのですが、
必ずしも万能ではありません、スパイクの方がいい、と言う状況もありうるのです。

詳しくは店頭にてお尋ね下さい。雪道を走ってみたい、、となった際のまず最初の
選択肢がスパイクタイヤであることは今後も変わらないと思います。
by shugakuso3 | 2011-10-22 07:32 | おすすめパーツ