秀岳荘自転車売り場だより shugakuso3.exblog.jp

秀岳荘白石店自転車売り場や自転車ツアー自転車遊びのご報告


by shugakuso3
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

THE BROMPTON ouners meeting in SAPPORO

おかげさまで秀岳荘自転車売り場もブロンプトン自転車を扱うお店として認識があがって来ました。これもひとえにお客様のご愛顧の賜物です。そこで、ついに担当者としては念願だった、オーナーズミーティングを感謝の気持ちと共に開催できることになりました。ただ集まるだけでは面白くないのでこの自転車の持つ社会性をアピールするようなポタリングにしましょう、という担当者の身勝手な提案にもかかわらず、合計11名(内スペシャルゲスト2名)のオーナーの皆様にお集まりいただきました。内容としましては、秀岳荘白石店に集合、白石サイクリングロードで北広島駅まで走り、その後キャスターブロンプトンで輪行。札幌駅で降りまして、駅構内、ステラプレイスでキャスター自転車という物を集団でデモンストレーション、大通り公園でピクニック気分を楽しんで、秀岳荘へ帰る、というものでした。紅葉の季節、どのような集会になったのか、、ご覧下さい。



d0197762_17363018.jpg

総勢12名のツアーです。01台湾モデルから、06のP6Rまで、合計10台のブロンプトンと、ゲストとして、ストライダBD-1(キャスター仕様です!)の参加もありました。こうやって見てみますと、まさに老若男女、様々な方がブロンプトンを楽しんでおいでで、この自転車の懐の広さを痛感いたします。また、旭川より2名、留萌より1名室蘭より1名のご参加いただきました。この事実もブロンプトンの素晴らしさを能弁に物語ってはいないでしょうか。いよいよスタートです。
d0197762_1737306.jpg

途中で雨が降り出しました。しかしそこはさすがに秀岳荘のお客様さっと雨具の装着です。昼以降は綺麗な青空になりました。
d0197762_17382269.jpg

木々が少し色づいています。いい雰囲気の中皆で走るのは気持ちがイイです。お互いに気配りつつ集団を維持していただきました。ご協力に感謝!です。
d0197762_1739999.jpg

路面は濡れてはおりますが、やはりサイクリングロードは走りやすいですね。大体、時速にして15-20kmというところで走ったと思います。ブロンプトンは良く走る、と思いますが皆さんはいかが思われますか?
d0197762_17403559.jpg

学習の森、という休憩ポイントで野点ブレイク。これも担当者のわがままにお付き合い頂きました。しかし、お客様もさるもの、私の抹茶に対抗してコーヒーを豆から引き始める方もいらっしゃいまして、いやはや脱帽です。
d0197762_17413576.jpg

軽く登っている所で撮りました。なんだかツールドフランス!みたいですね。ここからは、概ね下りで、一気に北広島駅まで走りきります。
d0197762_17421713.jpg

天候があまり良くなかったので大通公園での昼食は断念し、北広島駅で弁当タイム。これだけのブロンプトンが並んでいると壮観ですね。
d0197762_17425527.jpg

さて、今週のハイライトォー(八奈見乗二調で、、分からない人はスルーしてください)キャスター自転車軍団の輪行ツアーです。噂の秀岳荘ブロンプトンカバーが眩しい!
d0197762_17434485.jpg

乗車率が高かったら、と心配しましたが、一安心。かなり珍しい光景だったようで、面白そうなことやってるなぁ、という視線を熱く感じました。
d0197762_17442299.jpg

特に問題も無く、12名全て無事に改札を抜けました。皆さんのマナーのよさの賜物です。この様な取り組みの積み重ねで、キャスター自転車が札幌発の自転車文化として根付くといいなぁ、と思います。
d0197762_17445556.jpg

キャスター自転車軍団で、休日の賑わいのステラプレイス内をしばしデモンストレーション。その後この写真を撮りました。かなり目立ちました。1人でも多くの人に興味を持って頂ければ、、、。

総括

担当者としましても、秀岳荘としましても、お客様と一緒に自転車でうろうろするという取り組みは初めての経験で、どうなることやらと心配いたしましたがお客様のご協力で無事に終わることが出来ました。嬉しかったのが、例えばロード、MTBでのツアーになると集団を維持するのが非常に難しくなりますが、ブロンプトンだと、走りそのものを楽しむ、一緒に楽しみましょうという雰囲気を皆さんがかもし出してくれまして、集団を維持しつつ楽しく走ることが出来ました。また、キャスター自転車をアピールするという取り組みにこれだけのご賛同を頂いたことに心より感謝いたします。出来れば、第2弾、、、といきたい物です。とにかく有難うございました。
by shugakuso3 | 2005-10-20 17:34