秀岳荘自転車売り場だより shugakuso3.exblog.jp

秀岳荘白石店自転車売り場や自転車ツアー自転車遊びのご報告


by shugakuso3
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

空気圧どうしてますか?

先の大雪で、すっかり冬景色になりました。12月ごろは
雪が少なくて、、と愚痴っていらしたスパイカーの方もいらっしゃる
でしょう。それが今度はドカ雪で、スパイクタイヤが歯が立たない、、
ような状況になりましたねぇ。

そんな中、元気にがんばるスパイカーの方とお話しする機会が
ありました。一様に、このバフバフとかザクザクの雪ではタイヤが
とられて、、、と仰ってました。そうだろうなぁ、、と心中お察し
しつつも空気圧はどうなさってます?と聞きますと、ほとんどの方が
カチンカチンの氷の上とか、アイスバーンを走るときと同じ、、
と仰います。

相手が硬いときは、タイヤも硬いほうがスタッドが食い込むわけですが、
相手がさらさらとかバフバフのときは果たしてそうでしょうか?

柔らかい路面でハンドルが取られる、、というのは、タイヤの硬さのほうが
路面の柔らかさを上回ってしまうことで、少しの衝撃で路面を崩してしまい、勢い
余ってハンドルが逃げる、、という現象です。

ということは、相手の柔らかさに合わせてタイヤのほうも柔らかくしてあげれば
相殺して、ある程度は走れる、、ということになるのではないでしょうか?

その際に気をつけたいのがリム打ち、ということですね。熱心な人ほど
夏の間はバリバリMTBバイカーということが多いので、その辺には気をつけて
いらして、空気を下げるのをためらってしまう、、ということが多いと思います。

しかし、これだけ街中全面雪まみれになってしまいますと、ほとんどコンクリートの
突起物は雪で隠れてしまい、リム打ちのリスクはかなり減る、、と考えて
いいのではないかしら、、。

どの程度下げるか、、というのはそのライダーによって変わりますので、保証は
出来ませんが、かなりの確率で、ハンドルが取られ始めたら空気圧を下げると
落ち着いてくると見ております。ご興味お持ちの方、、まずは近場でお試しに
なってみては?

上記のような考え方は、私もスパイクタイヤで走っていたころは考えもしませんでした。
その意味でも、サーリー、エンドモーフタイヤ、パグスレイとの出会いはある意味
私にとっては財産なんですよね。

ご不明は売場にてお尋ね下さい。
by shugakuso3 | 2011-01-10 09:42