人気ブログランキング | 話題のタグを見る

CM朝錬

今年から取り組んでおります、パシフィックサイクルのキャリーミー。
ふざけたルックスからは信じられないような走行性能を誇ります。
いままでは街中での移動プラスの、折り畳んだ後での使い勝手を
試してきましたが、いよいよ走行そのものにどの程度のポテンシャルが
あるのかを検証していくことにしていきます。

そうなったときに、一発やったろか、、となるのが以前よりご案内している
芸術の森、支笏湖線、、から恵庭の分岐で恵庭方向にいざり川沿いに下り
恵庭から36号線に乗って札幌に帰る、というだいたい70kのルートです。
札幌在住のロード乗りであれば、だれでも走ったことのあるこのコース、、
恐らく、8インチで行ったなんてバカは私くらいではないかしら、、、。

CM朝錬_d0197762_18172363.jpg


と、こんな感じで行ってきました。ほかの交通の邪魔になるとまずい、、という
配慮から、早朝4時過ぎに出発、8時過ぎに帰宅でき、だいたい4時間前後で
一回り出来ました。

8インチで約70kを走ったわけですが、驚いたのがもっと時間がかかるか
と思ってましたのが4時間前後で走れたということでしょうか。このコース
ロードレーサーに乗って一番回せていたときですら3時間を一寸切るくらい
だったので、8インチ、運動不足の現在、、と考えれば素晴らしい成績です。

CM朝錬_d0197762_952535.jpg


今回GPSをもって行きましたので、詳しいデータを得たわけですが、意外なのが
前回、長尺自転車で行った時とほぼ同じタイム。平均時速も、最高時速も
ほぼ同じだったんですねぇ。走り終わった後での体への負担は今回の方が
大きかったんだろうと思いますが、、それほど?という感じだったのが不思議ですね。

恵庭から36号線に合流した後、追い風だったのが今回は幸いしましたか、、、。
なんせ8インチですから高速の巡航が一番の苦手、、しかし今回はぐいぐい
押してくれて30kを超えるようなスピードで走ることが出来ました。
札幌に入ってからは、なんだか気分がハイになってきて、もっといったれ!
というくらいでしたねぇ。2段変速ですが、ローギアで大体18から20kで巡航が出来、
そのまま支笏湖線の坂もすべて上りきることが出来ました。不思議だったのが、
ロードで登っているときよりもギア比が高いはずで、スピードも遅いはずなんですが
なんとか登りきれる、、タイヤが小さいってのはこういう時にはメリットですね。
高速ギアにスイッチを入れれば下り坂で40kを超える速度も可能です(しかし
それ以上は恐ろしく出だせませんでした)。押し風であれば平地で30k巡航
も可能でしたからねぇ、、。ほんとに8インチ?

かつて6インチのKOMAに乗っていたことがありましたが、申し訳ないですが
明らかにこちらの方が速い、、そして軽いですねぇ。

何故それが可能なのか?ジオメトリの決定にはものすごい時間をかけた、、と
設計のジョージリンが言っているように、折り畳みであるか否かは抜きにして
とにかく自転車としての基本を煮詰めに煮詰めた、という事なんでしょうね。

特にポジションがしっかり出る、という点に関しては特筆すべきで、脚の運び
に関しては、レーサーとまったく同じ感覚で回せました。実はこのポジションが
しっかり出ていることが重要なのかしらと思います。ポジションがしっかり出れば
出力もするし、体力もまんべんなく出し切れる、ということなんだろうと思う次第
なのでした。

札幌ドームの前では、7段変速のマ○チャリの高校生とデッドヒートを演じ
なんとか振り切り(途中で曲がったのかな?)、実に気持ちのいい朝連の
フィナーレとなりました。

しかし、、やれば出来る、、というか完遂させてくれる素晴らしい車両である
事を再確認しましたね。
by shugakuso3 | 2011-06-20 18:40

秀岳荘白石店自転車売り場や自転車ツアー自転車遊びのご報告


by shugakuso3