秀岳荘自転車売り場だより shugakuso3.exblog.jp

秀岳荘白石店自転車売り場や自転車ツアー自転車遊びのご報告


by shugakuso3
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

CMの極私的使用法

前回の投稿で、全快したCMが帰ってきたことはお伝えしたと思います。その中で、
使ってみるまでは思いもよらなかった活用法が、、と思わせぶりな記述を致しました。
今回はそれを詳述してみたいと思います。

まず、折りたたんだCMを皆さんどのようにお持ち運びになるでしょうか?

d0197762_17452833.jpg


メーカーが想定した運び方は、写真のように傾けて、サドルを引っ張るようにして
写真右側の方に引っ張っていく、、もしくはバッグに入れて担ぐ、、ということを
考えるでしょう。

担ぐ、というのは私はやったことがありませんが、転がすときは上記のようにまずは
やってみておりました。しかし、折角の畳んだ際の床面積の小ささを誇るCMなのに
傾けて引っ張っては、その分だけ場所をとってしまうわけです。また、自転車が傾いた
分だけ腕にかかる重量も出てくるわけで、、長い距離を引っ張る際は、ラクチンとは言えず、
ブロンプトン(キャスターキャリア付)を押して歩くよりもきつかったわけです。

そこで、、

d0197762_17493427.jpg


写真のように畳んで直立させたまま、サドルを持って前に(写真左側へ)押してみたわけです。
実際は、後輪を使って転がっていくわけですが、左右に伸びたキャスターが、
カヌーでいうところのアウトリガーのような役割を果たし、結構な安定感で
進んでいくではないですか!CMの売りである占有面積の少なさ、をそのままにして
移動が可能で、傾けて移動するよりも腕にかかる負担は少ないのです。バランスを
崩すことがないわけではありませんが、私の場合はほとんど気にならないレベルでした。

この移動方式が面白かったのは、進む際に、後輪が空転する際のラチェット音、
がチャリチャリチャリチャリとするわけなんですが、この音のおかげで、何かが近づいてくる、、
ことを他の人が認識してくれるのです。例えば畳んで建物の中に入っていく、、などの際
には積極的によけてくれて、狭い通路などでは非常に助かりました。例えは、BRや
BDのキャリアキャスター方式では音がしないので、気が付いてくれない場合が多いん
ですよねぇ。

また、エスカレーターに乗った際も、占有面積の少なさから階段のステップから
はみ出ることがなく、降り口の段差も、小さいとは言え8インチのタイヤですから
難なく乗り越えることが出来、実にスムーズにエスカレーターから降りることが出来ました。
この辺は、BRとかBDで同じことをやったことがある人は、コレが如何に画期的な
ことなのか、ご理解いただけるはずです。

階段などでは、自転車を脇に抱えるようにして持ってあげれば、場所をとることもなく、
安定して歩けました(実際軽いですからね)。
d0197762_1817161.jpg


とまぁ、折りたたんで使う分には、極めて使い勝手のいい車両であることが
判ってきまして、コレをバッグに入れて担いで歩くなんてもったいない!と
こぶしを握ってしまったわけなんですね。

コレだけのチャームポイントがあり、走りそのものは人間が頑張れば
旭川までいけます(笑)。実際、初めて高機動型の折り畳み車が欲しい、、
という方にはわかりやすい走行性能を兼ね備えたBRとかBDの方がよろしいか
とも思うのですが、ある程度走行性能は割り切ってもいい,という方、既に
その手の車両は経験済み、、という方には強い味方になってくれるのでは?
と真面目に思うんですね。

世界レベルで、ユーザーミーティングが行われている、、という理由がわかった
ような気がする秋の空なのでした。

ご不明はお尋ね下さい。
by shugakuso3 | 2011-09-29 07:39 | 小径折りたたみ車