人気ブログランキング | 話題のタグを見る

3連続長尺化実験、、、悲喜交々

2010年の春に長尺自転車を導入しまして早2シーズン。現在3シーズン目に
入っており、長尺化したフレームも3代目に入りました。世間様とは違ったアプローチ
をしてまいりましたので、それを踏まえて長尺自転車との2年間を振り返ってみたい
と思います。

ダホンロックジョーフレーム時代)
まずは、ダホンカデンザ、ロックジョーフレームを長尺化してみました。これは、当店が
折り畳み車を得意としているということがあり、「長尺で輪行したらどうなるんだろう?」
というふとした思い付きでやら無くてはいけないような気になったわけです(笑)

これっす

実際、家族連れで輪行し、ニセコにいったり、小樽に行ったりしてイヤハヤ面白かった
のですが、残念ながらフレームが耐え切れなかったようで、妙によれて来ました。
あまり無理を強いるのもなんですので、2代目へとバトンタッチしました。

ブレークアウェイ時代)
ダホンがリリースしていた知られざる名車FLO、入手してみてわかりましたが、これは
リッチーが作っているブレークアウェイ、というフレームをダホンがOEM供給してもらって
居る、、という物でした。フレーム素材もスチールになり、構造的にも強くなったであろう
フレームですので、組む際も一寸いたずらを、、。本来フロントにはサスペンションフォーク
がくるわけですが、PUGSLEYフォークを持っていましたので、それを入れてフロントは
29インチ、リアは26インチ、という変わった仕上げになりました。ダホン時代に比べると
自転車そのもののガッシリ感はあるのにフレームがしなる感じは強く、走りに伸びが
あったような気がします。長尺化してただでさえ直進性がよくなっているのに、ホイルが
大きくなっているので曲がるときに気合が必要でしたねぇ(笑)。子供も大きく重くなって
来ましたが、十分耐えてくれました。
これでも一回輪行実験をしましたが、中々面白かったですね。
ココっす

これもです

長尺スパイクで雪道を走ってみよう!と思い立ったのはいいのですが、恐らく振動の
連続で貴重なフレームが破損してしまうかもしれない、、、という恐れからブレークアウェイ
は長尺ベースを退役、壊れても良いや、、というフレームを投入することになりました。

普通のクロモリ時代)
そして、今、所謂普通のマウンテンバイクを長尺化した物に乗っています。従来がへんてこ
な物であったからこそわかることなんですが、エクストラフリーラディカルキットは、26インチの
マウンテンバイクを前提にしているのねぇ、、ということがよくわかるわけです。それ位
なんだかしっくりくる印象ですね。それと、折りたたむ、ということから今回は離れる
ことにしました(実際はやりますけどねぇ)ので、ハンドルの形状もフラットバーにこだわる
ことなく、所謂プロムナードバーにしてみました。それが正解!この自転車のコンセプトには
やっぱりこういった趣向の方が合っているのだろう(あくまで私見ですよ)と感じました。

実践投入がスパイクシーズンからということ自体がふざけていますが、意外に車道を
走っても自動車の方が合わせてくれる(有難う御座います)ことから心配された振動に
よるフレーム破損も何とか乗り切ってくれるのでは、、、と考えています。

SURLYのブログなんかを見ていきますと、寒い中、完全防備で長尺に載っている写真が
散見されますね。実際乗ってみるとこういったことをやりたくなるよなぁ、、と理解できました。
先日も投稿しましたが、これに私の冬のもう一つの趣味ヒールフリースキーを組み合わせて
札幌ならではの楽しみ方を追求していきたい物です。
by shugakuso3 | 2011-12-25 07:07

秀岳荘白石店自転車売り場や自転車ツアー自転車遊びのご報告


by shugakuso3