人気ブログランキング | 話題のタグを見る

なんば走りとペダリング

以前にも似たようなタイトルで投稿しました。その際は、下死点を通過する際の動きに関しての事でした。それからしばらくして、また気が付くことがありましたので忘備録として投稿する次第。

ま、、早い話が、下死点と同じことが上死点でも起きる、、という事ですね。これは、裸足走法というよりも2軸走法と言われる体裁きから感じたことです。

2軸走法というのは、立った際の足の開き幅、、そこに2本のレールを敷いて、そこの上を走っていくイメージだそうで、そうすることにより無駄に体をひねることなく少ない労力で遠くまで走れる、、そうです。代表的なものがなんば走りという事でした。対する1軸走法というのは、体を積極的にひねることで出力を上げようとするもので、結果的に体の中心に一本線を引きその上をたどっていくような足運びになるという事でした。

その2軸の足運びをイメージしながら走って気が付いたのが、

自転車のペダリングで10時から13時くらいまでの足運びにイメージが近い、、という事だったわけです。

言われてみるまで気が付きませんでしたが、自転車というのはまさに2軸の動きですよね。であれば、足運びが似てくるのは当然のことだし、体をひねることなくエネルギーを温存できるから、長時間の運動でも体に負担が少ないのか、、、と思ったりするわけです。

踵を着かない走り方、、2軸の走り方、、を学ぶことで、自転車との共通項に気が付くなんて、、、。これでやっとエンゾ早川さんがかつて著書(素っ裸写真のオンパレードのやつ)で述べていた事が理解できたような気がします。

また、私見の多いお話でした。ご意見たがえます、、という方笑って読み流してくださいね。
by shugakuso3 | 2012-07-06 07:01

秀岳荘白石店自転車売り場や自転車ツアー自転車遊びのご報告


by shugakuso3