人気ブログランキング |

秀岳荘自転車売り場だより shugakuso3.exblog.jp

秀岳荘白石店自転車売り場や自転車ツアー自転車遊びのご報告


by shugakuso3
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2011年 11月 29日 ( 1 )

以前にご紹介して、すぐに嫁入りして行ったブルーノの車両が再入荷
してきました。タイトルのツアー700cソロ、、です。ブルーノといえばお洒落
自転車、、と思われていて、確かにそうなんですがそれだけではないんですねぇ。

d0197762_18572425.jpg


スイスのシクロクロスチャンピオンにまで上り詰めたブルーノさんは、競技車両
というよりは日常使用、初めてスポーツサイクルに取り組む人に優しい自転車を、、
ということでブルーノを作ってきました。その初心者にも優しいミニベロシリーズが
スマッシュヒットを続けているのはご存知の方も多いでしょう。
そのミニベロ路線から、ツアーシリーズに発展し、そして満を持してツアーシリーズ
といいながらもロードレーサーとしての基本を備えた車両がついにリリース
されてきたわけです。ブルーノさんとしても、いよいよ自分のキャリアを発揮させる
車両を作ってきたのかもしれませんね。しかし、ギンギンの、、、ではないところは
さすがなんですねぇ。

ブルーノの基本とさえも言えるレイノルズパイプを使い、ベントステーやクイルステム
など優しい乗り心地の演出はそのままに、今度は駆動系をシマノ105で統一してきました。

この辺は、最近巷で話題の「コンフォートロード」といわれる物へのブルーノなりの
答え、、という感じではないかと考えています。例えばカーボンで有名なT社、S社
などのコンフォートと比べると重量面は不利とはいえますが、競技に出るわけでも
無ければ、多少重量が不利でも乗り心地の優しさ、耐久力などを総合すれば
こちらの方が有利ではないかしらん、、。

おまけにこれにはしっかりとキャリア用のネジ穴が付いており、簡単なキャリアを
つけてサイドバッグ装備のツアー自転車へとはや変わりできます。そのさいに
アシストブレーキが付いている、というのはこれまた渋いっす。

自分でスチールに乗っているから言うわけではありませんが、これはいいなぁ。
先ほどのコンフォートカーボンとの比較でも、、もしあなたが、長時間、長距離
のみならず「長期間」自転車と付き合いたい、、、とお考えのようでしたら
これは、、(もしくはスチール自転車は)いい選択肢ではないか、、と思うのです。

490mmが在庫中です。

ご不明はお尋ね下さい。在庫状況は常に変動しておりますので、気になる方は
ご連絡いただきました上でのご来店をお勧めいたします。
by shugakuso3 | 2011-11-29 07:05