人気ブログランキング |

秀岳荘自転車売り場だより shugakuso3.exblog.jp

秀岳荘白石店自転車売り場や自転車ツアー自転車遊びのご報告


by shugakuso3
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2010年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

RPJシリーズ第2弾。ライフスタイルバイク(以下LB)とは何ぞや、、という
お話です。

ライフスタイルバイク、、というと用は日常生活において活躍できる
生活自転車
のことなんだろう、、ということは察しが着くと思います。そう考えたときに
日本には
マ○チャリ
という物凄い生活自転車があるやんけ!とお思いになる方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、LBに行く前に、マ○チャリ、とは何ぞや、ということを考えたいと思います。

実はこのマ○チャリ、、、日本独特の進化を遂げた自転車、、というより
乗り物である、、と認識していらっしゃる方がどれくらいいらっしゃるでしょう。
実はこの乗り物、日本の道路行政のいびつさが生み出した鬼子とでもいえる自転車
なのです。

一般的な先進国であれば、自転車は自動車などと同じく交通機関として認識され
車道を走る乗り物とされます。ところが、日本の場合は、道路交通法でそのように
規定されながらも、何故か長らく歩道を走るべく指導がなされ、生活自転車の開発
もそれにあわせたものが長らくなされてきました。

つまり、日本では、自転車は交通機関、、というよりは歩行者の延長、として
長らく捉えられてきたのです。そう考えればマ○チャリの特徴である、異常なまでの
足つきのよさ、スピードが出ない、歩道の段差を延々と超え続けるようなホイルの
酷使にも耐える頑丈な足回り、結果としての重量の重さ、、がなるほど、と理解
出来ます。

結果、日本では街中での移動、ということを考えた場合に、自動車と同じ機動力
場合によっては自動車よりも速い位の潜在能力を持つ自転車という乗り物を、
自動車優先の経済運営、その副産物といえる道路行政により、長らく封印してきた、
といえるわけです。

最近になって、歩道を自転車が走ることによる歩行者とのトラブルが頻発するように
なり、あわてて、自転車は車道を走りましょう、というキャンペーンが出てきてますが、
マ○チャリ程度の機動力しか持たない自転車で車道を走れば、、それこそ逆効果、というか
命がけ、、となるでしょう。
この辺は、先日上京し自転車でいろんなところを走りましたが、

警官が白自転車で歩道を並列で走る
ということが平然となされている、、ことに象徴されていると思います。

この辺は、自転車通勤のオーソリティ、疋田智氏の文献に詳しいので
ご興味湧かれた方はぜひご一読下さい。

では、そんなマ○チャリが幅を利かせるこの日本で、LBが果たす役割とは何なのか
を考えて行きたいと思います。

といったところで、それはまたの機会に、、、。
by shugakuso3 | 2010-12-22 09:30

嬉しいご報告

先日PUGSLEYをお求めいただきましたお客様が、先週末のパウダー
札幌を満喫なさった旨お話にご来店いただきました。

先週末の札幌は気温が低く、しっかりとパウダーが降り、大体15cm、
場所によっては20cmを超えるほどの積雪があったと思います。そんな中
白石サイクリングロードを北広島方面に出発なさったそうです。散歩の人、
それこそスパイクMTBなんかが走っていても、大谷地、上野幌を過ぎる
位になれば足跡もまばらになり、踏み固められたところも少なくなり、
どんどんアドベンチャラスなサイクリングになって行きます。途中
東屋のところで引き返したそうですが、

PUGで走ればもっと楽に走れるかと思ったが、結構きつかったね、、

と仰ってました。詳しくお話を聞いていきますと、路面状況は

スパイクMTBでは走行不可能
というくらいのものであったようです。その旨お話しますと、なるほど、
とPUGの走破性に感心していただけました。実際、自転車の走った跡など
唯一の例外を除きなかったそうです。その唯一の例外というのが、、

エンドモーフタイヤ
の跡だそうで、すでに走ったPUGが居たんだよ、教えていただきました。
嬉しいですねぇ。

とにかく雪が深くなってきますと、抵抗が増えますのでペダリングが大変です。
その際に気をつけることが、

360度満遍なくトルクを発生させるペダリング

では、、という話になったときに、それってトライアスロンでも大事なこと
だなぁ、、と感心なさってました。イーブンペースで走り続けるトライアスロン
やロングライドでは、脚の力を満遍なく使い切ることが肝要でしょう。
そういった意味でもPUGの雪道ライディングは重要だね、、と新たな発見
をなさったようでした。

また挑んでみるよ、とのことで販売側としても嬉しい限りです。白石CRを北広島
まで、、というのは今期の私のテーマだったのですが、膝の故障で出来ません。
是非代わりに成し遂げていただきたいものです。

こういったひと時というのが、自転車屋冥利に尽きる、、ということなんでしょうね。
ご協力有難うございます。またのご来店お待ちしております。
by shugakuso3 | 2010-12-21 09:14
昨日の札幌は早朝よりの雪がもっさり積もり、雪国らしい一日でした。
ということは外出して、、、という人にとっては大変な一日で、お陰様
で売場も暇で暇で、、、ではありませんでした。

昨日ご案内しましたメンテナンスの講習会、合計12名の折り畳み自転車人
が集結、多くの方にとって疑問点である、ブロンプトンの後輪脱着などの
ポイントに付き実に熱心に勉強なさっていかれました。

d0197762_9324258.jpg


実際に乗っている人でなければ出てこないであろう疑問点が次々に
質問として浴びせられ、講習を担当しました私もタジタジでした。
皆さん、どうすればよりよい折り畳み自転車ライフが送れるのか、、
に非常に貪欲な印象で、

折り畳み自転車LOVE
をひしひしと感じた次第です。ご参加いただきました方々、有難うございました。
昨日おはなししたことを、ぜひ一度お試しになってみてください。判らなくなったら
お持ちいただければ、後はやりますから大丈夫ですよ(笑)。

BR、BDのいじり方に関してよくわからない、、という方いらっしゃいましたら
今時期は時間に余裕がありますので、ぜひ売場にてお尋ね下さい。

ユーザーさんの熱意にひたすら感心した一日でした。
by shugakuso3 | 2010-12-19 09:38 | 小径折りたたみ車

1×1 !!!

サーリーというブランド名がなかったころからサーリーな
1×1のフレームを納品させていただきました。

d0197762_16115257.jpg


当店もサーリーは何台か納車してきましたが、1×1は初めてで、おまけに
フレームを、、というのも初めてでした。

お求めいただきました方は、雪道走行のスペシャリスト集団の
メンバーの方で、その筋では有名な人です。私もご高名はうかがって
おりました。そんな方がうちに来ていただけるなんて光栄の至りです。
もちろん、さまざまなスポーツサイクルに精通されていて、最先端の
MTBもよくご存知の方です。

そういった方に、クロモリフルリジッド、シングル専用、、というまさに
前時代的なフレームがどう映るのか、、、担当者としましても実に興味
シンシンデス。出来上がりましたらご感想をお聞かせ下さい。

なんせ経験不足で不手際多かった中、にこやかに接していただき
心から感謝しつつお見送りでした。

有難うございました!
by shugakuso3 | 2010-12-18 16:18 | SURLY
今朝の札幌は一面の雪、気温もあっておぉ、、

パウダーです。
いやぁ、、従来の私であれば愛車”鋼の猛牛号”で雪煙上げながら
出勤、となるところでしたが膝の故障を抱える今シーズンは歯噛みしながら
の出勤となりました。そんな季節、、さすがに小径折り畳み車は出番が
ないでしょう。そんなユーザーさんのために企画しましたのが

ブロンプトン、BD-1限定のメンテ講習会
です(17時30より)。販売側、修理する側から気がついたこと、扱い方、、など
当店の看板車両2種類に限定して学べる機会です。
すでに定員には達しておりますが、会場には若干の余裕が
ございます(こんぺい師匠調で)ので、ご興味おありの方、
必ず事前に売場までお電話いただき、ご参加下さい。

ご参加予定、、という方どんな些細な質問でもかまいませんので
なるだけ沢山ご用意をお願いします。
by shugakuso3 | 2010-12-18 09:02 | 小径折りたたみ車

RPJご来店

昨日、ライトウェイプロダクツジャパン(RPJ)の営業Yさんがご来店。

RPJが考える、元気なお店、というものに関して皆さんと一緒に考えましょう
というシンポジウムというか、講習会的なものを札幌でなさったそうですが、
膝の故障でいけなかった私のためにその資料を持ってきてくれました。
Yさん有難う!

RPJはGT FELT RITEWAYという3つの完成車ブランドを抱え、実に沢山の
パーツアクセサリーを扱う輸入業者です。当売場がまだまだ小さかった7年前に
当時の社長さんがわざわざ東京から飛び込みで営業に来ていただいたときの
衝撃(もちろんいい意味です)は今も忘れられません。それ以来、RPJさんの
先見の明に感心しながらお取引をさせていただいてきました。

そのRPJさんが考える”元気なお店”とは何ぞや、、、。資料を拝見しつつ
当売場を考えて行きますと、重要なのは次の2点でした。

ライフスタイルバイク(LB)
ブログの活用
ライフスタイルバイク、というのは耳慣れない言葉ですが、結構重要な
タームで、ある意味今後の自転車のあり方を問う、、、種類の自転車
といえるでしょう。これに関しては、説明しだすときりが無いので、またの
機会に、、、。

次のブログの活用、、、というのはいまやっていることなれど、どうしたもん
やら、、、と頭を抱えますね(笑)。売場の個性をお伝えしようとして、
逆に呆れられたりせんもんかしら、、と心配しつつ投稿しております。
ご意見ございましたら、売場にてお申し付け下さい、、、。

本人の気合としましては、自転車という素晴らしい乗り物の魅力を
多くの人に伝えたい!というところでやっておりますが、、果たして
どうなんでしょうか。

またお付き合いいただけますと幸いです。

では、本日はこの辺で。RPJシリーズはLBとは何ぞや、、に続きます。
by shugakuso3 | 2010-12-17 09:12 | スポーツサイクル全般

BROMPTON2011

当店の看板車両!ともいえるまでになってくれましたブロンプトン。
最近では折り畳み車の代名詞、にまでなってくれたような印象で
嬉しい限り。

さて、そのブロンプトンの2011モデルの片鱗が見えてきました。
まだ、輸入元からの連絡はありませんが、

尊敬する自転車店の”業務日誌”
によりますと、基本8モデルの14色展開、スポットカラーの
RAWをあわせるとなんと

120モデル!
の展開になるとか、、、、。やけくそで全部発注したろか!
といいたくなる展開で売場担当者としては頭が痛いです(笑)。
しかし、それだけBRが素晴らしい自転車として認識されてきている
証ですから、拍手拍手ですね。

詳しいことは判りませんが、わかる範囲でお話しますので、売場にて
お尋ねくださいませ。今時期はゆっくりお話できると思います。
by shugakuso3 | 2010-12-16 09:45 | 小径折りたたみ車

松葉杖で、、、

私事ではございますが、、、実はここ2週間ほど、松葉杖をついて
生活をしております。春先の膝の怪我にメスを入れた結果とはいえ
やってみますとイヤハヤ大変です。

本日より、怪我の具合もだいぶよくなったこともあり、車にての
お出迎えではなく、電車を使って出勤、、してみました。

これがやってみますと、従来3,40分の工程だったものが90分かかる
まさに

大冒険
と変わりました。この季節滑りやすい路面にひやひやしつつ、転倒しよう
ものなら、、、と考えると戦慄します。横断歩道が、バックリ口を
開けたクレバス、、階段が聳え立つ断崖絶壁に見えてきます。

いわゆる街づくり、、というものが健常者の視点で進められている
ことが痛感されました。
順調に回復していけば、年明けくらいには杖が外れる予定になっています。
しかし、、街づくりに参画することは出来なくとも
身障者へのいたわり、優しい運転は心がけたいものだ、、としみじみ
思う冬の朝でした。
by shugakuso3 | 2010-12-14 09:51 | スポーツサイクル全般

BROMPTON M6L

しっかりと雪が降り、よほどの方でなければ自転車、、という
気候でもなくなりました。そんな中、タイトルの車両を納車
させていただきました。

d0197762_16292781.jpg


ブロンプトン2010年型、限定カラーのアップルグリーンです。
ブロンプトンのグリーンといいますといわゆるブリティッシュグリーン
で大人しめの印象ですが、こいつはPOPな感じで明るくしっかり目立つ
でしょうねぇ。
実はブロンプトン。最も売れているのは当店ではやはりブリティッシュグリーン。
大人しめだから良いんだよね、、という事でお求めの方が多いですが、、
オーナーミーティングとか、折り畳み車ツアーをやりますと、ブリティッシュ
グリーンのブロンプトンばっかりになってしまう、、、ということもあります。
ちょっと派手目なくらいが面白いかもね、、といえるかもしれません。

しまなみ街道をサイクリングしたい、、という事で持ち運びに便利で
その上でしっかり走る、荷物もつめる、と定評のBRをご指名でした。
クロスバイクもお持ちのようでしたが、その上でBRはしっかり走りそう、、
とコメントいただきました。
キャリアにキャスターの当店定番の輪行仕様で、オリジナルのカバーも
お求めいただきました。

まだ、しまなみの日程は決めていない、、ということでしたが、折角ですから
北海道が雪で閉ざされる季節、

自転車に乗りに
しまなみに足を伸ばされてみては、、、。そんなことが気軽に出来るのが
BRの素晴らしさです!

有難うございました!!
by shugakuso3 | 2010-12-12 16:37 | 小径折りたたみ車

シートクランプ

知られざるマニアックパーツをご紹介していくシリーズ。
シートクランプそのものはマニアックでもなんでもないですが、
今回のマニアック度は、そのサイズです。

d0197762_12202155.jpg


サーリーのコンストリクターシートクランプです。よーくサイズを見て
いただくとわかりますが、これは

30mm

シートクランプバンドといえば、28,6 31,8 34,9の3サイズ
と相場が決まっているものですが、なぜか30,0とか29,8というのも
極まれに出てきます。

そんなときにこれがあると、まさに天にも上るような気分になるわけです。
クランプそのものとしても、まさに頑丈、ガチリとしめこみます。ひょっとして、、
という方、ご自分の愛車のクランプサイズご確認になってみては?
by shugakuso3 | 2010-12-12 12:26 | おすすめパーツ